【おしゃれコード進行】V/Vコード(セカンダリードミナント、Five of Five Chord)とは?

【おしゃれコード進行】V/Vコード(セカンダリードミナント、Five of Five Chord)とは?

 

コードを勉強したことのある方なら、一度は聞いたことがあるであろう「V/Vコード(セカンダリードミナント」

 

しかし、こんなお悩みを持つ方も多いはずです。

 

名前は聞いたことがあるけど、どんなときに使えばいいの?
いつも同じようなコード進行になってしまい、つまらない曲になる…

 

今回は、このような疑問を解決する内容です!

 

 

数々のプラグインやサンプルを販売している「ADSR」が、V/Vコードについての解説動画をアップしています。
今回はこちらの動画をかんたんにまとめています。

このコードを使いこなして、より味わいのある楽曲制作ができるようになりましょう!

まずは、V/Vに欠かせない「ドミナントセブンス」について解説します。

 

スポンサードサーチ

ドミナントセブンスとは?

 

ドミナントセブンスとは、スケールにおける5thをルート音としたセブンスコードです。

 

メジャーキーでの例

 

たとえばCメジャーキーなら、ドミナント(5th)はG、ドミナントセブンスコードはG7になります。

 

シンプルなコード進行には、このようなパターンがあります。

 

C7 – G7
C7 – F7
E7 – A

マイナーキーでの例

 

Aマイナーキーの場合は、このようなパターンがあります。

 

Am- E7 – Am

 

E7がドミナントコードですね。

 

V/Vコードとは?

 

V/Vコード(セカンダリードミント)とは、ドミナントコードに、その5thをつなげたコードのことです。

「5th(ドミナント)の5th」、つまり5thからさらに5つ上のコードを使用します。

 

たとえば、Cメジャーキーの場合。

ドミナントコードはG7ですね。
このG7のドミナント(5th)は、ソから5つ上、つまりレになります。
よって、この場合のV/VはD7になります。

 

なぜDm7ではなくD7なの?(補足)

 

Cメジャースケールなら、Dをルート音とするダイアトニックコードコード(2th)はDmですよね。
なぜマイナーではなくメジャーであるD7になるのでしょうか?

実は、V/Vを決める時は、ドミナントのスケールを基準としてコードを決めます。

 

たとえば先ほどの例なら、ドミナントはG7でした。
ここで考えてほしいのが、「もしGが1th(I)だったとしたら…?」です。

Gが1th=Gメジャースケールですよね。
Gメジャースケールで5thはDになるので、DmではなくD7になります。

 

スポンサードサーチ

V/Vコードの実用例

 

それでは、V/Vコードの実用例を見ていきましょう。

 

Aマイナーキーの例

 

Aマイナーキーの場合、このような進行を作ることができます。

 

Am – B7 – E7 – Am

 

先ほどの「マイナーキーの例」では、「Am – E7 – Am」の例が出てきました。
ここに、ドミナントであるE7のドミナント、つまりE7の5つ上の「B7」を挟むのです。

言葉で書くと、このようになります。

 

トニック – ドミナントのドミナント – ドミナント – トニック

 

数字で書くと、こうなります。

 

1 – 5+5 – 5 – 1

Cメジャーキーの例 Part1

 

こちらは別サイトに掲載されていた例です。

 

Cメジャーキーの場合、このような進行を作ることができます。

 

C – Am – D7 – G7 – C

 

ディグリーネームにすると、このようになります。

 

I – vi – V7/V – V7 – I

 

Cメジャーキーにおける5th(V)はGですね。
つまり、Gから見た5th(V)を、Gの手前に置きます。
CメジャーキーにおけるGから5つ上の音はDですので、この場合のV/VはD7になります。

 

ボイシングを変えてみると…

 

ボイシングを変えると、また違った響きになります。

いろいろなボイシングのパターンを試してみて、理想の響きを作ってみましょう。

 

Cメジャーキーの例 Part2

 

Cメジャーキーのコード進行をもう一つ見てみましょう。

C – G7 – C – Am – D7 – G7 – C
I – V 7 – I – VIm – V7/V – V – I

 

特に後半の「Am – D7 – G7 – C」のあたりが、非常におもしろい響きになっています。

 

マイナーで締めてみる

 

こちらのコードのうち、一番最後をマイナーにするとよりドラマティックな展開にすることができます。

 

C – G7 – C – Am – D7 – G7 – Cm
I – V 7 – I – VIm – V7/V – V – Im

V/?(Five of ?)コード

 

ここまではV/V(Five of Five)コードを解説してきました。
実はV/?(Five of ?)にしてもおもしろいサウンドにできます。

 

たとえばこちらのコード進行。

 

C – G7 – C – C7 – F
(最後のFはFmにしてもおもしろい進行になります)

 

C7はFの5thですので、Fの前に置きます。

 

さらに付け足して…

 

C – G7 – C – C7 – F – F7 – Bbm

 

Bbの5thはFなので、F7の次にBbを置きます。

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

このように、V/Vを有効的に使うと、よりおしゃれで面白いコード進行にすることができます。

コード進行がマンネリ化してしまった方、ドラマティックなコード進行にしたい方は、ぜひおためしください。

 

よりおしゃれなコード進行を作るには?

 

コード進行は、曲作りの大きな役割を果たしています。
多くの人が「おしゃれなコード進行を作りたい」と思っているのではないでしょうか。

そんな方にぴったりなのが、こちらの書籍「かっこいいコード進行108」です。
タイトル通り、かっこいいコード進行がたくさん載っています。
ぜひご覧ください!