日本の伝統音楽の特徴と楽器を徹底解説!【歌舞伎・能・雅楽】

日本の伝統音楽の特徴と楽器を徹底解説!【歌舞伎・能・雅楽】
日本の伝統音楽をもっと知りたい!日本らしい音楽って、どうやって作ればいいの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

Facts About Japanによる「日本の伝統音楽」についての記事をかんたんにまとめてみました。

そのうち、今回は「歌舞伎・能・雅楽」に関する説明をまとめています。

 

音楽初心者の方でも、日本の伝統音楽の特徴をサクっと理解できる内容です。

この記事を読めば、誰でも「和」な音楽を作れるようになります!

 

スポンサードサーチ

日本の伝統音楽 3タイプ

 

日本の伝統音楽には、これら3つのタイプがあります。

 

インストゥルメンタル
演劇音楽
宮廷音楽

 

演劇音楽

 

日本の伝統音楽の「演劇音楽」の一つとして、歌舞伎が挙げられます。

 

 

2種類の歌舞伎

 

歌舞伎には、これら2つのタイプがあります。

 

義太夫節(ぎだゆうぶし)

下座音楽(げざおんがく)

 

義太夫節(ぎたゆう)

 

 

「義太夫節」は、浄瑠璃音楽と似た音楽です。

浄瑠璃は三味線を用いた物語音楽で、浄瑠璃の中にもさらに4つのスタイルがあります。

 

 

下座音楽(げざおんがく)

 

 

下座音楽は黒御簾(くろみす、下座)で演奏される音楽。

舞台の下手にある「黒御簾」の中で演奏されるので、このような名前になっています。

 

能と囃子方(はやしかた)

 

日本の伝統音楽にある「演劇音楽」の1つには「能」があります。

 

 

能では「囃子方(はやしかた)」と呼ばれる能音楽が使われています。

 

 

これらは太鼓・小鼓(こつづみ)・大鼓(おおつづみ)・笛などの楽器を使います。

 

スポンサードサーチ

宮廷音楽

 

宮廷音楽には、あの有名な「雅楽」があります。

 

 

雅楽ってなに?

 

もっとも古い日本の伝統音楽は「雅楽」です。

雅楽には、踊り・曲・他のアジア音楽の要素が含まれています。

 

また雅楽には2種類あり、インストゥルメンタルの「器楽」と、ボーカルで構成される「声楽」があります。

 

 

他の国からやってきた音楽?

実は、日本の伝統音楽の中には、他の国に由来するものもあります。

 

たとえは声明(しょうみょう)

 

 

声明は仏教音楽の一つで、「お経に加わったメロディー」で有名です。

声明はインドが由来で、奈良時代に日本にやってきました。

 

楽器のない音楽!?

 

実は、声明では楽器を使いません。

代わりに、仏教徒が曲を歌います。

 

スポンサードサーチ

中国からの強い影響を受けている

 

日本の歴史的な民俗音楽は、中国の音楽から強い影響を受けています。

だから、邦楽で人気の多くの楽器は中国から来ているんですね。

 

邦楽で使われている中国由来の楽器

 

これらの楽器には、箏(こと)・尺八・和太鼓なども含まれます。

 

箏とGuzheng(グーチェン)

 

たとえば箏は、中国のGuzheng(グーチェン)と似ている弦楽器です。

 

箏はこちら↓

 

 

グーチェンはこんな楽器です↓

 

 

箏は桐(きり)という木で作られている、日本を象徴する楽器です。

グーチェンに由来していることもあり、この2つは非常に音や見た目が似ていますね。

 

箏ってどんな楽器?

 

 

箏は13の弦と13の柱(じ)を使います。

柱は楽器の横幅に合わせて移動させることができ、3つの指を使って弾いて音を出します。
(グーチェンには徽[き]があります)

 

和太鼓ってどんな楽器?

 

 

和太鼓は日本の伝統太鼓(ドラミング)スタイルや特定の太鼓を指す名称です。

世界で最も有名な和太鼓グループは「鼓童(こどう)」です。

 

尺八ってどんな楽器?

 

 

尺八は、日本の伝統音楽で使われるフルート(笛)です。

尺八は通常竹で作られていますが、他の素材で作られることもあります。

 

修行で使われていた!?

 

 

実はこれらの楽器は、もともと「吹禅(すいぜん)」という仏教徒の修行で使われていたものです。

 

法燈国師は尺八をもって座禅一助の便法、禅定悟得の妙法とした指導理念で「吹簫禅すいしょうぜん」すなわち「吹禅すいぜん」を確立されました。後世この禅尺八が明暗尺八と云われるようになりました。

虚霊山 明暗寺 明暗主導会 HPより

 

こうしてみると、日本の楽器は長い歴史とおもしろい発見があることがわかりますね。

 

日本の伝統音楽で重要な要素とは?

 

日本の伝統音楽で重要な「ある要素」は、こちらの記事でまとめています。

「和」な音楽を作るのに参考になるだけでなく、作曲のテクニックとしても勉強になります!

 

日本の伝統音楽っぽい曲を作るには?【リズムがポイント】