ヒット曲の作り方 アレンジ編【In The Name Of Love】

ヒット曲の作り方 アレンジ編【In The Name Of Love】
世界的ヒット曲で実際に使われている作曲法って、どんなものがある?

 

このような疑問にお答えする内容です。

 

 

 

「Martin Garrix & Bebe Rexha “In The Name Of Love”で使われているアレンジ術・音楽理論」をかんたんにまとめてみました。

 

今回はそのうち、アレンジ・構成に関するテクニックをご紹介します。

 

 

ヒット曲 “In The Name Of Love”徹底解剖シリーズ

メロディー・コード編
アレンジ編
スパイス編

 

※この記事の「僕」は、解説者のMatt Donner本人を指します

 

スポンサードサーチ

原曲はコチラ

 

まずは、原曲をチェックしてみましょう。

かっこいいフューチャーベースサウンドが特徴です。

 

 

 

楽曲の構成

 

この曲は、典型的な洋楽ポップスの構成が使われています。

構成はこちら。

 

Intro – Verse – Chorus – Chorus (Inst) – Verse – Chorus – Chorus (Inst) – Bridge – Chorus – Chorus (Inst) – Chorus (Inst)

 

日本語だと、

 

イントロ – Aメロ – サビ – サビ(ボーカルなし) – Aメロ – サビ – サビ(ボーカルなし) – Cメロ – サビ – サビ(ボーカルなし) – サビ(ボーカルなし)

 

このような感じですね。

 

この曲の「Chorus(サビ)」って、どこ?

 

ここで、疑問に思った方もいるでしょう…

 

この曲のChorus(サビ)はどこ?

 

キモとなるのが、0:43~の部分です。

 

 

0:53~の部分は、一番盛り上がりますよね。

ですが、0:43~の部分もなんだかサビっぽいですし、0:53~はボーカルがなく、「間奏」っぽく聞こえます。

 

僕は、この0:43~の部分を「Chorus(サビ)」として考えます。

大きな理由は、ここで曲名の「In The Name Of Love」が歌詞で歌われているからです。

そのため、この部分は「Chorus」としてみなして解説していきます。

 

Bridge(Cメロ)で使われているテクニック

 

さて、次はBridge(Cメロ)部分を見てみましょう。

Bridgeというのは、これまでのVerseやChorusとは違った雰囲気にしたいところです。

 

ここでBebe RexhaとMartin Garrixが使っているのは、「平行調を使う」というテクニック。

 

平行調を使って雰囲気を変える

 

平行調というのは、シャープやフラットの数が全く同じ2つの調を指します。

 

たとえばCメジャーキーなら、平行調はAマイナーキーです。

どちらもシャープ・フラットともに、1個もつかないスケールですね。

 

この曲はEマイナーキーですから、平行調はGメジャーキー(#1つ)になります。

ここでメロディーを見てみると、B・D・Gの3つが使われていることがわかります。

これは平行調であるGメジャーキーの1thのコードの構成音ですね。

 

このように平行調に一時的に移調することで、曲の雰囲気をちょっとだけ変えることができるのです。

 

メロディーにも変化を加える

 

ここでも、最初に解説した「期待の裏切り」があります。

 

「B→B→D→D→G→G」というメロディーの後は、「B→B→D→D→B (高)→B(高)」というメロディーになっています。

最初の「B→B→D→D」まではどちらも一緒ですが、最後の2音は、2回目の方がより高くなっています。

 

また「B→B→D→D→G→G」になると思いきや、もっと高いところまで行っちゃいます。

そしてさらに高い音域まで階段状に上がった後は、徐々に下に降りていくようなメロディーになっています。

 

Aメロで使われた「上がり下がり」のテクニックは、ここでも使われています。

 


 

アレンジ編はここで終わりです。

次は「スパイス編」に続きます!

 

ヒット曲の作り方 スパイス編【In The Name Of Love】