グラミー賞プロデューサーが教える作曲テクニック【アクシンデントも音楽になる】

グラミー賞プロデューサーが教える作曲テクニック【アクシンデントも音楽になる】
世界で活躍している音楽プロデューサーってどうやって作曲しているの?
何かユニークな作曲方法はない?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

グラミー賞受賞経験のある音楽プロデューサーBoi-1 daが、超人気ラッパーDrakeの曲「Mob Ties」について語ったインタビューをかんたんにまとめてみました。

 

そのうち、この曲で使われた意外な作曲法と、彼の音楽に関する名言をご紹介します。

 

↓「Mob Ties」はコチラ

 

スポンサードサーチ

あの音は偶然できた!?

 

MIDIに接続したキーボードを横切って作業したとき、僕の肘がキーボードに当たっちゃったんです。

でもなんとそれがパーフェクトなタイミングで「ボフッ」と鳴ったんですよ。

キックが階段から落ちたような音でしたね。

 

その後はこれをコピペして、いい感じのところに置いてみたんです。

 

3:54~

 

グラミー賞受賞、そして音楽についての名言

 

これは競争(コンペ)ではなく、アート(芸術)です。

誰かがあなたのアートを好きでも嫌いでも、あなたのアートはもうすでに生まれています。

 

あなた自身がそれを好きなのであれば、好きであるがままにそれを大切にし、自分をさらけだしてみましょう。