【作曲】ブルーノ・マーズの意外な過去【スタイルの確立まで】

【作曲】ブルーノ・マーズの意外な過去【スタイルの確立まで】
どうやったら世界的スター・音楽家になれるの?
自分らしい・オリジナリティのある曲を作るにはどうしたらいいの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

音楽教育・作曲を行なっているHolistic Songwritingによる「ブルーノ・マーズはどうやって24K Magicを書いたのか?」をかんたんにまとめてみました。

 

今回はそのうち、ブルーノの過去や、アルバム「24K Magic」を作るまでの彼の葛藤について解説された部分をまとめました。

 

24K Magicで使われているメロディー・コード進行の特徴

24K Magicで使われている「今っぽさ」「昔っぽさ」を兼ね備えるためのテクニック

 

24K Magicは、ブルーノの3rdアルバム。

タイトル曲の「24K Magic」は、今では再生回数10億回を超える、超大ヒット曲です。

このアルバムでは、一体どのようなテクニックが使われているのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!

 

スポンサードサーチ

「○○っぽいサウンド」 は悪いことじゃない

 

昔の音楽スタイルと最近の音楽スタイルを絶妙に組み合わせたようなアルバム「24K Magic」。

全体的に、James Brownっぽさもあるように聞こえます。

 

 

一方、彼はインタビューでこのように語っています↓

 

「この曲は○○みたいなサウンドだね」と多くの人が言う。そしてこれは正しい。僕らは他のミュージシャンを崇拝して成長していく。そして、こうやって音楽はできていくんだ。

 

試行錯誤の時代

 

実はブルーノは、Flo Ridaの「Right Round」(2009年)やCee Lo Greenの「Fuck You」(2010年)などを作曲していました。

この頃リリースされたブルーノの最初のアルバム「Doo-Wops & Hooligans」(2010年)を聞いてみると、彼が作曲の過程で試行錯誤している様子が伺え、この頃はまだ楽曲に一貫性がない状態でした。

まるで別々のアーティストに向けて楽曲を提供したような感じで、彼のサウンドが本当はどういったサウンドなのか、わからなかったのです。

 

彼がロック・ポップ・レゲエ・ヒップホップをミックスさせたスタイルを確立するまでは、このような楽曲提供やボーカルでお金を稼いでいたようです。

 

ブルーノの「スタイル」を確立

 

24K Magicのインタビューでは「自分のモノとして維持できるような、ある種の”世界”を持ちたかったし、磨きたかった」と話しています。

 

僕らにとっては、70年代から90年代の音楽は「古い音楽」というイメージだけあります。

しかし彼は、この70年代〜90年代のレトロな要素をうまく取り入れたのです。

 

 

彼にとって最大のヒットとなったRonanとの楽曲「Uptown Funk」をリリースすると、この楽曲は彼に新しいイメージをもたらしました。

アメリカのヒップホップアーティスト・DJのGrandmaster Flashっぽい映像や髪型、サングラス、車、ダンス、スラング、そして音楽…

多くの人がこの楽曲を気に入り、ヒットにつながりました。

 

(盗作疑惑もありましたが…)

 

なぜこの楽曲は今っぽく聞こえたのか?

 

ブルーノは、いったいどうやって70年代・80年代の楽曲を、今風の楽曲にすることができたのでしょうか?

このポイントとなるコード進行やメロディーなど、具体的な作曲テクニックについては、Part2のコチラで解説していきます。

 

【DTM】ブルーノ・マーズのアルバム「24K Magic」で使われている作曲法【メロディーとコード進行】