あなたが楽曲制作・DTMで知るべき6つのこと【海外プロデューサーが教える】

あなたが楽曲制作・DTMで知るべき6つのこと【海外プロデューサーが教える】

 

クオリティの高いDTMチュートリアル動画を投稿していることでおなじみのVories氏が、「楽曲制作であなたが知るべき6つのこと」を公開しました。

 

これらはプロも使っているテクニックで、よりレベルの高い楽曲制作をするために欠かせない技術

どれもすぐに実践できるかんたんなテクニックですので、ぜひマスターしましょう!

 

 

スポンサードサーチ

1. ボーカルの休符部分にはDelayを入れよう

 

ボーカルに長めの休符部分がある場合、そのままにしてしまうとものたりなさが残ります。
(特にVerse(Aメロ)などに起こりがちな現象です)

そこで、ボーカルにDelayを使ってみましょう

ボーカルが終わっても、Delayがその空白をちょうどいい具合に埋めてくれます

 

ただし、はっきりとしたDelayをずっとONにしているとぐちゃぐちゃに聞こえてしまいます

ボーカルが歌っている間はDelayをOFF(少なめ)に、歌っていない休符部分の時にON(多め)にしましょう。

FL Studioの場合、「Peak Controller」を使うと便利です。
「ボーカルがいない時にDelayの音量を上げる」という操作を自動で行ってくれます。

 

ボーカルが歌っている間はDelayをOFF(少なめ)に、歌っていない休符部分の時にON(多め)にする

 

2. ボーカルのポップ(ノイズ)を削除する

 

ボーカルをスライスしたときは、ポップ部分を削除しましょう。
削除したとき、軽くReverbをかけるとその空白を埋めることができます。

 

スポンサードサーチ

3. Kickをよりクリアにする方法

 

Kickの高音域部分(アタック部分)は、Hi-HatやRide Cymbalに埋もれて聞こえなくなりがちです。

そこで、Hi-HatやRide Cymbalを少し遅らせてみましょう
発音のタイミングを変えることで音域が衝突しなくなり、キックがよりクリアに聞こえるようになります。

Delay Timeを打ち込む枠に、ms単位で数字を調節していくのがオススメ。
違和感なく両方とも聞こえるようなDelay Timeを研究してみましょう。

 

4. ピアノをリアルに聞かせる方法

 

Nexus(reFx)などのシンセを使って、ピアノを本物っぽく聞かせるにはどうすればよいのでしょうか?

 

ポイントはたった2つです!

1. ReverbとReleaseを増やす
2. ベロシティーを強くしすぎない

 

スポンサードサーチ

5. Leadをかんたんにする

 

まずはじめに、Kickのピッチ(ベース音)を探します。

 

プラグイン「Edison」を持っている場合

 

1. プラグイン「Edison」を開き、Kickのサンプルをドラッグ&ドロップ

2. 「Detect Beats」を選択

3. 画面にベース音(ピッチ)が表示されます

 

2種類以上の音程が表示されることがありますが、後から出てくる方がより正確性が高い場合があります。

動画でもA#とG#が検出されていますが、あとから出てきたG#を採用しています。

 

プラグイン「Edison」を持っていない場合

 

EQなど、アナライザーを利用してどの周波数にピークが来ているか調べます
例えば260khzにピークが来ている場合、KickのピッチはCであると判定できます。

 

Kickのピッチがわかったら、このピッチに合わせたスケールでLeadを作っていきます
動画ではKick = G#とわかったので、スケールをG#に設定しています。

 

Leadはいくつか重ねましょう(レイヤー)
レイヤーパートとしてまとめると、MIDIを1回打ち込むだけでレイヤーパートが全て同じように演奏されます。

 

6. Leadパートをキレイにする

 

Leadパートから不要な周波数をカットしてスッキリさせましょう。

EQを用意し、PeakやBellでどこで耳障りな音がするかを探っていきます。

この耳障りな部分にヒットするまで、EQのポイントを徐々にズラしていくイメージです。

Q幅を狭くすると、正確に見つけやすくなります。

 

このポイントを見つけたら、その部分をEQで少し削ります。
これをLeadがいい感じの音になるまで、この作業は何度も繰り返しましょう。

ただし、削りすぎて音がダサくならないよう注意です。

 

スポンサードサーチ

動画で使用しているDAW


プロ御用達の総合音源