【トップエンジニア直伝】ラップボーカルのMIXのコツ -アドリブ・ダブリング編-

【トップエンジニア直伝】ラップボーカルのMIXのコツ -アドリブ・ダブリング編-
ラップボーカルってどうやってミックスすればカッコよくなる?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。
 

 

グラミー受賞を果たしている世界的なエンジニアLeslie Brathwaiteが教える「ラップボーカルのミックスの仕方」をかんたんにまとめてみました。

 

今回はそのうち、「アドリブやダブリングパートのミックス」に関する部分をまとめています。
 
ディエッサー編
EQ・コンプ編①
EQ・コンプ編②
ボーカル補正編
アドリブ・ダブリング編
MIXの心構え編
 

ビヨンセやCardi Bなども手がける超大物エンジニアが教えるテクニックですので、ぜひ今日から使ってみてください!
 
ちなみに今回取り上げる楽曲は「Lil Uzi Vert – Neon Guts feat. Pharrell Williams」です↓
 

 

スポンサードサーチ

アドリブ・ダブリングパートの処理の仕方

 
ヒップホップの場合は、アドリブやダブリングのパートも多く入っていると思います。
 
こういったパートは、どうやってこの曲になじませるかを考えることが大事です。
 
楽曲によっては、ただメインボーカルの後ろに置くだけのときもありますし、周りでガヤガヤしている感じに聞かせたりするときもあります。
 
今回は、メインボーカルと同じようにWaves Tune Real-Timeを、同じ設定で使っています。
 

ディレイやリバーブも

 
時には、ちょっとだけディレイやリバーブを入れたりすることもあります。
 

今回は、ディレイにWaves H-Delay、リバーブにWaves Rverbを使い、少しスペースを作っています。
 
また、Waves S1 Imagerを使うことで、よりワイドに聞かせるようにしています。
 

(ボーカルチェインの順番は「ディレイ→リバーブ→S1」)
 

スポンサードサーチ

アドリブとオーバーダブ(ダブリング)の立ち位置

 
アドリブとオーバーダブに関しては、聞こえ方は調整しつつも、メインボーカルからかけ離れないようにしています。
 
単純に、音量の問題ですね。
 

アドリブの例(18:41~18:48)↓
 

 

「Yeah」などのアドリブパートがバックグラウンドで聞こえてきていて、ボーカルに勝ってしまっている感じにはなっていません。
 
音量を抑えているからですね。
 

この曲では、メインボーカルとアドリブをがっちり区別したくなかったので、メインボーカルと同じAUXを使っています。
 
メインボーカルと同じように聞かせたいためです。
 
「メインボーカルと違い、こういうサウンドにしたい」というビジョンがない場合は、このようにしています。
 
メインボーカルと同じなので、チェインは「ディエッサー」「EQ」「R Comp」「SSL」「CLA Vocals」「CLA 76」「ディエッサー」「R Comp」です。
 
 

ディレイを使ったボーカルエフェクト

 
以下のように、ディレイを使ったサウンドを取り入れることもあります。
 
今回はH-Delayを使っていますが、とてもわかりやすく使いやすいので、このプラグインは僕のお気に入りでもあります。
 
オートメーションも書けるので、面白いサウンドも作れます↓(20:22~21:21)
 

 

ディレイのEQ

 
H-Delayなどのディレイプラグインには、ハイパス・ローパスのフィルターが付いていることがあります。
 
H-Delayの場合、例えば「Hi Pass」を右に回せば回すほど低音が少なくなるので(高音域だけ残すので)、より薄くなります。
 
逆に左に回せば回すほど低音が残るので、ディレイ音の存在感が大きくなります。
 
 
ディレイが多すぎるとごちゃごちゃしてしまいますが、このようにディレイ音にフィルター(EQ)をかければ、スペースをしっかり空けながらディレイをかけることができます。
 
今回はディレイ音にもしっかり存在感を出し、ボーカル全体に重みを出したかったので、フィルターは使っていません(Hi Passのツマミは左に、Lo Passのツマミは右に振り切っている)。
 


 
ちなみにこの動画で取り上げている楽曲のボーカルチェインは、以下のようになっています。
 
クリックするとそれぞれを解説している記事に飛びますので、ぜひこちらもご覧ください↓