【DTM】ロンドンの音楽プロデューサーのモバイル環境を見てみよう

【DTM】ロンドンの音楽プロデューサーのモバイル環境を見てみよう
世界で活躍する音楽プロデューサーの「最低限のDTMセット(モバイルセット)」って、どんな感じ?
モバイル環境では、どんな機材を使ってるの?

 

このような疑問にお答えする内容です。

 

 

ロンドン出身の音楽プロデューサーOceanが解説する「DTMミニマリストセット(2019年版)」をかんたんにまとめてみました。

 

これからDTMを始めようと思っている方、出先での「モバイルセット」を検討している方にピッタリの内容になっています。

 

スポンサードサーチ

セットの全体像

 

今回Oceanが紹介しているセットはコチラ。

 

・PC
・MIDIキーボード
・ヘッドホン
・オーディオインターフェース
・マイク
・マイクスタンド

 

最小限のセットなので、リュック1つに収まるレベルの量です。

そのため、かんたんに持ち運びができます!

 

Amazonのリンクも掲載してあるので、即ポチってOceanと同じモバイルセットをそろえちゃいましょう!

 

PC(Mac Book 2015)

 

パソコンはMac Book 2015を使用。

 

Mac Book 2015 技術仕様

 

DAWはLogic Pro Xで、OmnisphereやUltrabeatなどを使って制作しているようです。

(UltrabeatはLogic Pro付属のドラム音源です)

 

動画では、この2つを使って制作する様子が見れます。

 

3:17~

 

スポンサードサーチ

MIDIキーボード(AKAI MPK mini)

 

MIDIキーボードはAKAI MPL mini(25鍵)を使用。

 


 

これのいいところは、8つのパッドと8つのノブがついているところ。

こうすれば、DAW内でコントロールしやすいのでいいですね。

 

ちなみに普段は最低49鍵以上、大きめのものを使っているそうです。

 

ヘッドホン(Sennheiser HD 280 Pro)

 

ヘッドホンは、SennheiserのHD 280 Proを使用。


 

3~4年使っているヘッドホンだそうですが、頑丈なのでずっと使っていられるといいます。

 

スポンサードサーチ

オーディオインターフェース(Focusrite Scarlett 2i2)

 

オーディオインターフェースは、Focusrite Scarlett 2i2を使用。


 

「軽くて持ち運びしやすく、値段もお手頃なのでおすすめ」と絶賛しています。

 

マイク(Rode NT1A)

 

マイクはRode NT1Aを使用。

 


 

非常に音がクリアだと絶賛しています。

 

ちなみにこちらの記事でご紹介しているプロデューサーも、Rode NT1Aをおすすめしています。

 

ボーカルレコーディングを劇的にキレイにする2つのコツ【海外プロ解説】

 

スポンサードサーチ

マイクスタンド(Rode Mic Stand Tripod)

 

マイクスタンドはRode Mic Stand Tripodを使用。

 


小さな三脚なので、机の上に置けます。

ポップフィルターを取り付け、先ほどのNT1Aと一緒に使っているそうです。

 

実際の使用例

 

動画の途中から、このモバイルセットを使った制作風景が見れます。

3:17~

 

 

ちなみに「音楽のミニマリストになること」については、こちらの記事でまとめています。

あのClean BanditのJackが解説している内容です!

 

海外プロの作曲方法とは?【音楽のミニマリストになれ】