ポップスの曲をリハーモナイズする方法②【ジャズフュージョンスタイル】

ポップスの曲をリハーモナイズする方法②【ジャズフュージョンスタイル】
普段よく聞いているポップスの曲を、かっこよくリハーモナイズしてみたいけど、どうやったらできる?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

ベーシストであり、数々の音楽理論の解説動画をアップしているAdam Neelyが解説する「ジャズフュージョンスタイルのリハーモナイズ」をかんたんにまとめてみました。

 

今回は、解説者であるAdamが実際にやった「ポップスの楽曲をジャズフュージョンスタイルにリハーモナイズする方法」のうち、

 

・テンションを入れる
・セブンスコードを使ったサイクル5ルートモーション
・トライトーン・サブスティテューション

 

の3つについてまとめています。

 

Part1:「ダイアトニック・リハーモナイゼーション」「ノンサイクリックコードとサイクリックコード」「ハーモニックリズム」について

Part2:「テンションを入れる」「セブンスコードを使ったサイクル5ルートモーション」「トライトーン・サブスティテューション」

Part3:リハーモナイズにおけるメロディーとコードの関係、クロマティックにリハーモナイズ、リハーモナイズにおけるコードの選び方、ミラーコード、マルチ・トニックシステム、十二音技法

 

※このシリーズでは、Ed Sheeranの「Shape of You」をDmキーでリハーモナイズしていく方法をご紹介しています。

 

スポンサードサーチ

手っ取り早くジャズっぽくアレンジする方法

 

まず、手っ取り早く曲をジャズっぽくするには「テンションを入れる」が有効です。

 

Dm Gm – Bb C

 


画像:動画より

 

このように、通常のトライアドでできているコード進行に、7thや9th、11th、13thなどのテンションの音を入れるのです。

 

7thを入れる場合

 

Dm7 Gm7 – DbM7 C7

 

画像:動画より

 

9thを入れる場合

 

Dm9 Gm9 – BbM9 C9

 

画像:動画より

 

11thを入れる場合

 

Dm11 Gm11 – BbM9(#11) C11

 

画像:動画より

 

13thを入れる場合

 

Dm11(b13) Gm13 – BbM13(#11) C13(sus4)

 

画像:動画より

 

こうすると、原曲のコード進行とは大きくかけ離れることなく、ジャジーな雰囲気にすることができます。

 

実際の音はこちら↓

 

4:14~

 

組み合わせて使うと、このようになります↓

 

画像:動画より

 

さらにジャズっぽいサウンドにするには?

 

よりジャズっぽい響きにしたい場合は、「セブンスコードを使ったサイクル5ルートモーション」を使うのがよいでしょう。

 

スポンサードサーチ

セブンスコードを使ったサイクル5ルートモーション(Cycle 5 Root Motion with 7th Chords)

 

これは五度圏の考え方を使った考え方で、単純にコード進行を5度ずつ下げる/上げる+そのダイアトニックコードにセブンスを足す方法です。

 

ジャズでよく使われるので、これを使うだけでもジャズっぽくなります。

 

画像:五度圏(https://dn-voice.info/music-theory/godoken/より)

 

上記の五度圏の画像をみると、右に一つズレると音が5度ずつ上がり、左に一つズレると音が5度ずつ下がっていることがわかります。

これを利用し、たとえば「Gm7 C7 – FM7 BbM7」のようにします。

 

4:42~

 

 

画像:動画より 

 

Gm7 C7 – FM7 BbM7

Em7(b5) A7 – Dm7 – Dm6

 

トライトーン・サブスティテューション(Tritone Substituion)

 

別の方法として、「トライトーンサブスティテューション」が使えます。

これはパッシングコード(Passing Chords)として使います。

 

ルート音をベースとして、トライトーンを目的のコードのレラティブドミナント5thコードから離して使う、というものです。

 

…といってもわかりにくいと思うので、例を見ていきましょう。

 

トライトーン・サブスティテューションの入れ方

 

たとえばターゲットコード(目的のコード)をFメジャーコードにする場合。

 

Fメジャーコードのドミナントセブンスコードは、C7ですね。

そのため、まずはFメジャーコードの1小節前・1拍目に、C7コードを置きます。

 

画像:動画より

 

次に、C7の「C」から見てトライトーンとなる音のセブンスコードを、C7の次に入れます。

 

トライトーンとは、半音6つ分離れた音を指します。

つまり、CのトライトーンはGb。

よって、Gb7をFとC7の間に入れます。

 

画像:動画より

 

ターゲットコードの半音上のコード

 

さて、お気づきになった方もいるかもしれませんが、このトライトーンは、ターゲットコードの半音上の音になります。

 

今回の場合、Gb7をトライトーン・サブステューション、Fをターゲットコードとしていますが、GbとFは半音違いですよね。

この半音移動の響きが、より面白い響きになるのです。

 

それでは、実際の例を見てみましょう↓

 

5:26~

 

Gm C7 – FM7 B7 Bbm7

Em7(b5) Bb7 A7 Eb7 – Dm7 Dm6

 

画像:動画より

 

かなりジャズっぽい響きになりましたね!

 


 

実は、リハモので使えるテクニックはまだまだあります!

知れば知るほど面白くなってきますので、ぜひチェックしてください↓

 

ポップスの曲をリハーモナイズする方法③【ジャズフュージョンスタイル】