【DTMのコツ】海外プロが実際に使う「ユニークなコードサウンドの作り方」

【DTMのコツ】海外プロが実際に使う「ユニークなコードサウンドの作り方」
海外の音楽プロデューサーが実際に使っているテクニックを知りたい!
誰にも作れない、ユニークなサウンドを作るためにはどうすればいい?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

カナダの有名プロデューサーAndrew Huangが教える「おもしろいコードサウンドの作り方」を簡単にまとめてみました。

 

今日からすぐ使えるテクニックですので、ぜひお試しください!

 

スポンサードサーチ

「トリル」してみよう

 

コード系の楽器といえばピアノやギターですが、普通は「ジャーン」と、シンプルに一発鳴らしますよね。

しかしここで「トリル」を使ってみると、おもしろいサウンドにすることができます。

 

トリルとは?

 

トリルとは、2つの音を行ったり来たりする奏法のことです。

メインの音がC(ド)なら、Cから半音上のC#や半音下のB、または全音上のDや全音下のBbなどを行き来します。

 

C C# C C#
C B C B
C D C D
C Bb C B

 

ギターで弾くと、このような感じになります↓(0:12~0:17)

 

 

スポンサードサーチ

いろいろなトリルを混ぜてみる

 

さてここで、さらにいろいろなトリルを混ぜてみましょう。

 

たとえば、ギターのフレットのうち適当な場所を選んで、そこでトリルをプレイしてみます。

 

ランダムな場所で行なったトリルを3つレコーディングして、その3つを重ねてみましょう。

半音トリル・全音トリルなど、トリルの種類もバラバラです。

 

0:35~0:37

 

エディットする

 

当たり前ですが、このままでは音がマッチしません。

そこで、エフェクトを加えたり、いらない部分はカットしたりしてみましょう。

 

Xfer Records社の「OTT」を使って、音が小さくなっている語尾の部分の音量を持ち上げてみます。

また、ディレイも使ってみましょう。

 

0:59~1:05

 

また、ピッチ自体を変えてみたり、3つのうち「1個目と2個目だけ」「1個目と3個目だけ」など、組み合わせを変えてみたりします。

 

1:27~1:50

 

スポンサードサーチ

派生系を作る

 

さて、ここでいい感じのコードが出来上がったら、今度はこのコードをもとに、派生系を作ってみます。

先ほど作った3つのパターンをコピペし、ピッチを変えてみたり、逆再生させてみたバージョンを作ってみましょう。

 

バウンスする

 

次は、使いやすいように、今まで作ったサウンドをバウンスしましょう。

2トラック以上を使っていると思いますが、バウンスすることで1つのオーディオファイルにすることができます。

 

画像:動画より

 

スポンサードサーチ

リバーブ部分だけ使う

 

バウンスしたオーディオをさらにエディットしたバージョンも作ってみましょう。

たとえば語尾のリバーブ成分だけを残し、OTTで少し音を持ち上げてみます。

 

画像:動画より

 

2:34~2:43

 

ビートと一緒に鳴らしてみよう

 

さて、ここまででコードパートとして使えそうな要素はいくつか作りました。

次は、ベースやドラムパートと合わせてみましょう。

 

3:00~3:08

 

いろいろ試してみよう

 

最初はいいサウンドが見つかるまで大変かもしれませんが、慣れてくると「この音ならこの音と相性がいいだろうな」「こう直せばうまくいくだろうな」と、ある程度予測できるようになります。

またトリルの速度やリバーブの具合などによっては、半音トリルだと不協和音のように聞こえたり、2つの音のちょうど間ぐらいの音程で聞こえたり、しっかり2つの音が行き来しているように聞こえたりと、聞こえ方が異なる場合もあります。

 

トライ&エラーで、いろいろ試してみましょう!