【DTM】ボーカルトラックをたくさん使うときに使える12のテクニック【前編】

【DTM】ボーカルトラックをたくさん使うときに使える12のテクニック【前編】
海外の音楽プロデューサーが実際に使っているテクニックを知りたい!
ボーカルをうまく使った作曲方法ってある?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

カナダの有名プロデューサーAndrew Huangが投稿した動画「この曲にはボーカルが69トラックあります」の内容を簡単にまとめてみました。

 

今回は前編として、1~6個目のテクニックをご紹介します。

後編はコチラ

 

Andrewの曲には、どうしてこんなに多くのボーカルトラックが使われているのか?

ボーカルをうまく活かした作曲方法はどんなものなのか?

 

この疑問にお答えするのはもちろん、今日からすぐ使えるテクニックが満載ですので、ぜひお試しください!

 

スポンサードサーチ

1.複雑→解決感のあるコードを作ってみる

 

動画で紹介しているAndrewの楽曲では、複雑なサウンドから、すっきりと解決感のあるサウンドへと変化するボーカルが使われています。

 

0:51~0:56

 

ちなみにハーモニーに関しては「耳で聞いて、いいと思ったものを使った」といいます。

 

分析してみると、この部分に使われるシンセパートはEb dim/Gb。

ベース:Gb
コード:Eb Gb A

 

そして、ボーカルのハーモニーはこのようになっています。

Db Eb Gb A C

Db Eb F Ab Db

= Db9

 

最初はEbからFにいく進行を思いつき、そこから「おもしろさもあり、解決感のあるコード進行」を試行錯誤した結果、このようなコード進行に。

(最後に7thである「C→Db」の進行を足したそうです。)

 

2.コード進行中のハーモニーの動きを考えてみる

 

1で紹介したコード進行ですが、実は、最初のコードと次のコードにはEbとDbが共通しています。

しかし「DbがEbに上がったり、Ebがずっと鳴っていたり、EbがFに行く感じも欲しい」というアイデアがあったため、それらをそれぞれボーカルで再現。

 

2:09~

 

またこの際、複数のボーカルパートがあるので、少しずつパンニングもしているのがコツです。

こうすると広がりのあるサウンドになりますし、ミキシングの時も帯域が被らずに済みます。

 

スポンサードサーチ

3.リバーブをパンニングしよう

 

このボーカルには、リバーブを徐々に加えていくオートメーションを使っています↓

 

2:45~

 

さらにこのリバーブに対して、Auto Panを使っています。

 

画像:動画より

 

2:50~

 

こうすると、リバーブがだんだん強くなり、Auto PanのRateも少しずつ速くなっていき、奥行きのあるサウンドになります。

またリバーブのおかげで少し濁った感じになり、1つ1つの主張を和らげ、全体がつながって、まとまって聞こえるようになります。

 

このようなバッキングボーカルには欠かせないテクニックですね。

 

4.フレディー・マーキュリー!?

 

次は、Andrewが「フレディー・マーキュリー」と呼んでいるテクニックについてです。

 

これがフレディーが所属しているバンド「QUEEN」の楽曲「ボヘミアン・ラプソディー」で使われているテクニック。

複数あるパートを、タイミングをズラしてパンを振るというものです。

 

3:33~

 

3:55~3:58

 

どの音をどういう順番で鳴らすのか?も聞こえ方に影響するので、こちらも試行錯誤してみましょう。

 

スポンサードサーチ

5.テキスト・ペインティング

 

こちらは、さきほどの「フレディー・マーキュリー」のサウンドに少しエディットして使っているテクニックです。

 

4:53~

 

レイヤーした2つのボーカルの最後を、コードの変化に合わせてスプリットしていきます(トレモロ・スタッター)。

これは、トレモロをかけて「Rate」と「Depth」をオートメーションで変えていきます。

 

画像:動画より

 

プラス、リバーブに対してもオートメーションでトレモロをかけています↓

 

5:20~

 

そして、リバーブに対してディストーションを使います。

こうすると、よりダークなサウンドになります。

 

5:26~

 

テキストペインディング(ワードペインティング)とは?

 

音楽用語で、テキスト・ペインティングというものがあります。

これは、音楽が歌詞通りに変化していくテクニックのことです。

 

たとえば、「上がる」という言葉に関連した歌詞の時は、上昇系のメロディーにしたり、ピッチがだんだん上がっていくようにしたりします。

Andrewも、歌詞や描きたいイメージに合わせて、こういった技法を使ったといいます。

 

6.手動でグライド

 

こちらは、Auto-Tuneで使えるテクニックです。

 

6:35~

 

元は1つの音(ワンノート)で歌っていたものを、Auto-Tuneを使って手動でピッチをグライドさせています。

Auto-Tuneは手書きでピッチの線が描けるので、グライドの具合を細かく調整できます。

 

画像:動画より

 

9:00~

 

人間の声では再現できない「めちゃくちゃなグライド」も、線で描けちゃいます。

 

9:10~

 

Auto-Tuneのいいところは、ナチュラルにピッチを修正できる機能もあれば、逆にがっつりケロケロボイスにもできるところです。

ボーカルはボーカルでも「ちょっと人工的なバッキングボーカルっぽさを出したい」など、微妙なニュアンスもAuto-TuneがあればOKです。

 


 

つづきはこちら↓

【DTM】ボーカルトラックをたくさん使うときに使える12のテクニック【後編】