【作曲】モードの使い方!モードらしさを出す方法【音楽理論】

【作曲】モードの使い方!モードらしさを出す方法【音楽理論】

 

ドリアンモードとか音楽の「モード」って、作曲でどうやって使えばいいの?

 
今回はこのような疑問にお答えする内容です。
 

 

音楽プロデューサーのRick Beatoが解説する「モードスケールの使い方」をかんたんにまとめてみました。

 
「ドリアンモードとか、名前は知ってるけど実際にどう使えばいいかわからない…」
 
今回はこの疑問を解決します!
 
モード初心者の方は、こちらから読み進めることをおすすめします↓

 

【作曲】7つのモードを作曲に使う方法【モードとは?】


 

スポンサードサーチ

はじめに

 
まず、Cアイオニアンスケールを見てみましょう。
 

C D E F G A B

 
この並びは、Cメジャースケールと同じですね。
 
そのため、Cメジャースケールとも言えます。
 
 
では次は、使う音はそのままに、最初の音だけ変えてみましょう。
 
先ほどはCからCに行く並びでしたが、今度はDからDヘ行くスケールにしてみます。
 

D E F G A B C

 
これはDドリアンモードですね。
 
同様に、Eから始まるようにすればEフリジアンモード、Fから始まるようにすればFリディアンモードになります。
 
つまり、モードのポジションはいつも同じパターンでできています。
 

アイオニアン:Iメジャー
ドリアン:IIマイナー
フリジアン:IIIマイナー
リディアン:IVメジャー
ミクソリディアン:Vマイナー
エオリアン:VIマイナー
ロクリアン:VIIディミニッシュ

 

他にもモードには「メロディックマイナー」や「ハーモニックマイナー」がありますが、今回は飛ばします。
 

モードっぽさを出すにはどうしたらいい?

 

さて、モードを勉強した方、ここまでご覧いただいたの方の中には、
 

「何が”モードっぽさ”を出しているの?」

「何が、他のモードとの違いを生んでいるの?」

 
という疑問を持たれている方もいるでしょう。
 
 
結論から言うと「特徴音を使う」が答えです!
 
ここからは、具体的に解説していきます。
 

スポンサードサーチ

コードにモードが追随している

 
たとえば、メジャーキーのI、IV、Vのコードを使う場合。
 
メジャーキーなら、C・F・Gコードですね。
 
 
これらは、それぞれCアイオニアンモード・Fリディアンモード・Gミクソリディアンモードに対応しています。
 
 
たとえばCメジャーコードを鳴らしている時は、メロディーではCアイオニアンスケールに沿ったメロディーが弾けます。
 
コードだと、CM7コードも合いますね。
 
 
もしくは、Cリディアンでもいいでしょう。
 
コードなら、CM7#11が合います。
 
 
もちろん、CミクソリディアンでもOK。
 
コードならC7が合います。
 
 
さらに、Cリディアンオーギュメントでもいいでしょう。
 
コードならCM7#5になります。
 
 
もちろん同様に、Cフリジアンなど、他のモードでもOKです。

 

「モードらしさ」はどうやったら出せる?

 
さて、ここで浮かんだのが「モードらしさはどうやったら出せるのか?」ということ。
 
Cミクソリディアンっぽくしたい、Cドリアンっぽくしたいときは、どうしたらいいのでしょうか?
 

Dドリアンの場合

 
たとえばDドリアンの場合、使うのは「D E F G A B C」。
 
Cメジャーキー、Cアイオニアンモード、Dマイナーと同じ音を使っていますから、結局どのスケール・キーで弾いているのかわかりません。
 
 
ここで、Dドリアンっぽく聞かせるコードを弾いてみましょう。
 

Dm 6/9

ルート音:D
コード:F(m3)、B(6th)

 
実は、Dマイナーコードに乗せた「ナチュラルB」が、ドリアンっぽさを出しています。
 

エオリアンとドリアンの場合

 

F Bb E D

 
これら音を聞いて、ドリアンとエオリアンの違いを感じるでしょうか?
 
 
キーとなるのは6thのの音です。
 
ドリアンの時は「B」でしたが、エオリアンでは「Bb」になります。
 
言い換えると、ドリアンではナチュラル6th、エオリアンではフラット6thになります。
 
この6thの違いが、ドリアンとエオリアンの違いをはっきり分けているのです。
 
 
他にも、特徴的な音を使って「それぞれのモードっぽさ」を出すことができます。

 
4:04~6:10

スポンサードサーチ

モーダルコードやモードっぽさを出す方法

 
これまでご覧いただいたように、モーダルコードを作ったり、モードっぽさを出したい場合は「ターゲットノート」、つまりそのモードで特徴的な音=特徴音を使いましょう。
 
たとえばFリディアンコードの場合、F#(#4th)が入っているのが特徴的です。
 
 
同様に、Gエオリアンっぽい響きにしたいなら、
 

G A Bb C D Eb F

 
Gエオリアンで使われるこれらの音のうち、特に特徴的である「Eb Bb D」などを使うと、Gエオリアンっぽくなります。
 
 
ぜひお試しください!

 

モードをより理解するためには、こちらの記事がおすすめです↓
 

【作曲】7つのモードと借用コード・モーダルインターチェンジの使い方


 

「調性音楽」と「モード」って何? -TonalとModal-【調性音楽編】