【作曲】7つのモードを作曲に使う方法【モードとは?】

【作曲】7つのモードを作曲に使う方法【モードとは?】

ドリアンとかフリジアンとかモードがあるみたいだけど、これって何?

作曲ではどう使えばいいの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

数々の音楽教育を行なっているMusicians Inspiredが教える「7つのモードを作曲で使う方法」をかんたんにまとめてみました。

 

モードの存在はなんとなく聞いたことがあるけど、実際にどうやって使えばいいかわからない。

そもそもモードが何なのかわからない…

 

このような方向けの内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

スポンサードサーチ

はじめに

 

今回は、「モード」「モーダルインターチェンジ(Modal Interchange)」について解説してきます。

なんだか小難しく聞こえますが、そんなことはありませんのでご安心ください。

 

そもそも「モード」って何?

 

おそらくみなさんは、「メジャースケール」「マイナースケール」という、2つの「モード」があることはご存知でしょう。

Cメジャースケールは「C D E F G A B C」で、Cマイナースケールは「C D Eb F G Ab Bb C」ですね。

 

「えっ、メジャースケールとかマイナースケールってモードなの?」

 

と思った方、そうです。これもある意味モードと言えるのです!

 

雰囲気別の「モード」

 

モードというのは、基本的にはスケールのことです。

メジャースケールとマイナースケールの違いは、おそらくこんな感じでしょう↓

 

メジャースケール:明るい・幸せな感じ

マイナースケール:暗い・悲しい感じ

 

このような感情・雰囲気の違いを把握した上で、多くの作曲家はこれらを使い分けています。

 

曲の明るさの「パレット」

 

実はこれ以外にも、5つのモードがあります。

そしてそれらはいずれも、また違った明るさや雰囲気があります。

 

「メジャー・マイナースケール以外で作曲をする」ということが不思議に思えるかもしれませんが、「違う絵の具のパレットを使って絵を描いていく」という感覚と同じです。

 

スポンサードサーチ

各モードの解説

 

それではここからは、この他5つのモードをそれぞれ見ていきます。

 

 

画像:動画より

 

モードを明るい順に一通り弾いてみるとこうなります(5:02~5:24)↓

 

 

アイオニアンモード(メジャースケール)

 

アイオニアンモードは、いわゆるみなさんご存知の「メジャースケール」です。

 

Cアイオニアン:C D E F G A B

 

リディアンモード

 

リディアンモードは、アイオニアンモードよりも明るい印象のあるモードです。

このモードでは、スケール上の4thの音にシャープをつけます。

 

Cリディアン:C D E F# G A B

 

ミクソリディアンモード

 

ミクソリディアンモードは、メジャースケールよりも少し暗い感じがするモードです。

スケール上の7thの音にフラットをつけます。

 

Cミクソリディアン:C D E F G A Bb

 

ドリアンモード

 

ドリアンモードは、ミクソリディアンスケールよりもさらに暗い感じがするモードです。

スケール上の3rdと7thの音にフラットをつけます。

 

Cドリアン:C D Eb F G A Bb

 

エオリアンモード(マイナーキー)

 

エオリアンモードは、みなさんご存知「マイナーキー」です。

スケール上の3rd・6th・7thの音にフラットをつけます。

 

Cエオリアン:C D Eb F G Ab Bb

 

冒頭でご紹介したCマイナーキーも「C D Eb F G Ab Bb」という並びですね。

 

フリジアンモード

 

フリジアンモードは、スケール上の2nd・3rd・6th・7thの音にフラットをつけます。

 

Cフリジアン:C Db Eb F G Ab Bb

 

ロクリアンモード

 

ロクリアンモードは、モードの中で最も暗い印象のあるモードです。

スケール上の2nd・3rd・5th・6th・7thの音にフラットをつけます。

 

Cロクリアン:C Db Eb F Gb Ab Bb

 

「音楽的な明るさ」のグラデーション

 

ご覧いただいたように、モードは明るいものから暗いものまで、たくさんの種類があります。

まさに、「音楽的なグラデーション」と言えるでしょう。

 

多くの方は「メジャースケールとマイナースケール」のように2つしか使えないと思っているかもしれませんが、自分が表現したい曲の明るさに合っている別のモードを使ってもいいわけです。

 

CメジャースケールとCアイオニアンスケールの違いって何?

 

「Cメジャースケール」と「Cアイオニアンスケール」の違いは何なんだろう?

 

どちらも「CDEFGAB」を使うスケールなので、こう思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

こちらについては「調性音楽とモードの違い」に関わってきます。

厳密な違いについては、こちらで解説しています↓

 

「調性音楽」と「モード」って何? -TonalとModal-【モード編】

 

よく使われるモード

 

メジャースケールとマイナースケール、つまりアイオニアンモードとエオリアンモード以外のモードでよく使われるのは、ドリアン、フリジアン、リディアン、ミクソリディアンです。

 

ロクリアンはほぼ使われません。

使われるのはジャズぐらいで、ポップミュージックではほぼ使われません。

フリジアンはその次にレアです。

 

スポンサードサーチ

借用コードとモーダルインターチェンジ

 

コード進行や音楽理論を勉強したことのある方は「借用コード」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

これは他のモードから借りてくるコードのことを指し、この「他のモードからコードを借りてくる」ということを「モーダルインターチェンジ」といいます。

(こちらについては後ほど解説します)

 

モードは「使っている7つの音がそれぞれ違う」ということ以外にも、「使っている7つのコードがそれぞれ違う」という違いがあります。

スケールで使っている音が違うので、使うコードもまた違ってくるわけですね。

 

コードの違い

 

たとえば、アイオニアンモードではこれらのコードを使います。

スケール:1 2 3 4 5 6 7
コード:IM7 IIm7 IIIm7 IVM7 V7 VIm7 VII7(b5)

 

対して、ドリアンモードの場合はこちら。

スケール:1 2 b3 4 5 6 7b
コード:Im7 IIm7 bIIIM7 IV7 Vm7 VIm7(b5) bVIIM7

3rdと7thにフラットがつくことにより、使うコードも変化していることがわかります。

 

たとえばCドリアンモードの場合、3rdのEに対してフラットがつきます。

そのため、このように変化します↓

CアイオニアンにおけるIM7:C E G Bb
CドリアンにおけるIm7:C Eb G Bb
CアイオニアンにおけるIIIm7:E G B D
CドリアンにおけるbIIIM7:Eb G Bb D

 

こちらが一覧表です↓

 

画像:動画より

 

スポンサードサーチ

借用コードとモーダルインターチェンジを使ってみよう

 

さて、このコードの違いを理解したあとは、借用コードとモーダルインターチェンジを実際に使ってみましょう。

 

たとえば「Cメジャースケールで曲を作っているとき、他のモードから5thのコードを借りてくる」といったことができます。

もしドリアンモードから5thのコードを借りてきた場合は、V7ではなくVm7コードを代わりに使えますね。

 

「さらにテクニックが知りたい!」「コード進行をもっと面白くしたい!」という方は、こちらにさらに詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください↓

 

【作曲】7つのモードと借用コード・モーダルインターチェンジの使い方