【DTM】本物のギターのように打ち込む方法【コツは3つ】

【DTM】本物のギターのように打ち込む方法【コツは3つ】
ギターの打ち込みが全然生演奏っぽくならないんだけど、どうしたらいい?
どのプラグインを使えばいい?無料のギター音源はある?

 

このようなお悩みにお答えする内容です。

 

 

音楽教育も行なっている音楽プロデューサーBusy Works Beatsが解説する「あっ!と驚くギターメロディーの打ち込みテクニック」をかんたんにまとめてみました。

 

そのうち、今回は「リアルに打ち込むためのコツ」をご紹介します。

 

DTMでも特に打ち込みが難しいとされるギター。

今回は、ギターをよりリアルに、そして美しいメロディーに仕上げるテクニックをご紹介します!

 

スポンサードサーチ

おすすめの無料ギタープラグイン

 

今回使用するのは、AMPLE SOUND社の「AMPLE GUITAR M」です。

 

AMPLE GUITAR M 無料インストール

 

ちなみにこちらのプラグインは、他記事でもおすすめとして紹介されています。

無料で使えるアコギ音源ですので、ぜひインストールしてみてください!

 

【DTM】無料で使えるおすすめプラグイン・音源【エレキベース・アコギ編】

 

リアルに打ち込むための3つのコツ

 

ここからは、よりリアルにギターを打ち込むためのコツを紹介していきます。

 

1.ベロシティを調整する

 

画像:動画より

 

各音のベロシティに変化をつけると、さらにリアルなサウンドになります。

 

2.スライド奏法・ハンマリングを使う

 

「ウィ〜ン」と、だんだん音が上がったり下がったりする音、素早く指を押したり離したりする奏法を入れると、よりリアルな演奏っぽくなります。

 

16:08~16:13

 

スライド奏法やハンマリング機能が使えるプラグインの場合、音が上下重なるように打ち込むとこの効果が得られます。
(プラグインによっては、キースイッチで奏法を変更するものもあります)

 

画像:動画より

 

3.バラバラに弾く

 

画像:動画より

 

前回の記事でもご紹介したテクニックですが、音をバラバラに弾くと生演奏っぽく聞かせることができます。

特にアコギで有効な方法です。

 

前回の記事:【DTM】本格的にギターメロディーを打ち込む方法【あっ!と驚く】

 

スポンサードサーチ

完成音源

 

それでは最後に、この動画で紹介したテクニックを使った例を見てみましょう。

 

20:12~


 


 

Busy Worksのギター打ち込みシリーズ

【DTM】かんたんにギターのボイシングを決める方法【語呂合わせ】

【DTM】本格的にギターメロディーを打ち込む方法【あっ!と驚く】

【DTM】本物のギターのように打ち込む方法【コツは3つ】