【DIY・DTM】たった500円以下で吸音パネルを作る方法【材料4つ】

【DIY・DTM】たった500円以下で吸音パネルを作る方法【材料4つ】
安く吸音材を手に入れる方法はない?
DIYは得意じゃないんだけど、かんたんに吸音材を作る方法が知りたい…

 

今回はこのようなお悩みにお答えする内容です。

 

 

アメリカの不動産会社「Weidner Apartment」が教える「500円以下で吸音パネルを作る方法」をまとめてみました。

 

お金をかけずに音楽環境を整えられますので、「プロ仕様の高い吸音材を買うのは厳しい…」という方におすすめです!

ぜひトライしてみてください!

 

スポンサードサーチ

材料一覧

 

今回使うのは、こちらの4つです。

 

・はさみ
・接着剤
・絵画、キャンバス
・安いタオル(タオルは何色でもOK)

 

それでは、ここからは作り方を見ていきます。

 

1.キャンバスを裏返し、タオルを乗せる

 

画像:動画より

 

キャンバスの凹みに合うように角をそろえます。

 

スポンサードサーチ

2.はみ出した分を切る

 

画像:動画より

 

タオルがキャンバスの枠からはみ出した分は、黒いペンでマークをつけておき、切っておきましょう。

 

3.切ったタオルをキャンバスに敷き詰める

 

画像:動画より

 

キャンバスの凹みにタオルをあてはめ、サイズが大きすぎたり、小さすぎないか確認しましょう。

 

スポンサードサーチ

4.1~3を繰り返す

 

キャンバスの凹みの高さとタオルの高さが同じになるまで、1~3の工程を繰り返します。

 

5.のり付け用のタオルを作る

 

1~3と同じ工程で、もう一枚タオルを切り取ります。

ただし今度は、フレームにぴったりの大きさになるようにカットしましょう。

 

スポンサードサーチ

6.カットしたタオルに接着剤をつける

 

画像:動画より

 

これまでにカットしたタオルにそれぞれ接着剤をつけ、すべてのタオルが重なるようにします。

かぶせたら、反対側の面にも接着剤をつけます。

 

画像:動画より

 

ラスト1枚のタオルに接着剤を付けた後は、キャンバスの凹みをタオルがきちんと覆っているようにしましょう。

 

7.テープで補強する

 

画像:動画より

 

タオルをすべて重ねたら、テープでキャンバスの枠とタオルの間を補強するとよいでしょう。

こうすれば、タオルが落ちてくることもないでしょう。

 

完成!

 

これでパネルは完成です!

芸術品として飾るだけでなく、吸音材としても役に立つパネルになりました。

自分の部屋に合う色や好きな絵柄のキャンバスを選べば、より音楽制作が楽しくなるでしょう…

 

防音材・防音カーテンもOK

 

ちなみに、このような防音材や防音カーテンを買うのもアリです!

Amazonでかんたんに購入できます。

 


 


 

Weidner Apartmentの自宅防音シリーズ

【DYIもあり】かんたんにできる家の防音対策7選【海外不動産屋が教える】

【DIY・DTM】たった500円以下で吸音パネルを作る方法【材料4つ】

【DIY・DTM】ドアからの音漏れを防ぐ「ドアクラフトストッパー」の作り方