カッコイイFuture Bassの作り方〜アドバンス編〜【海外プロ解説】

カッコイイFuture Bassの作り方〜アドバンス編〜【海外プロ解説】
Future Bass(フューチャーベース)を作りたいけど、どうやったらかっこよくできる?

 

今回はこのようなお悩みにお答えする内容です。

 

 

数々のサンプルやプラグインを販売するADSRが解説する「Future Bassで使えるアドバンスなコツ」をかんたんにまとめてみました。

 

スポンサードサーチ

1.MIDIをバウンスする

 

まず1つ目のコツは「MIDIをオーディオにバウンスする」です。

 

オーディオにすることで、コントロールしやすくなる部分が増えます。

 

エンベロープを変更する

 

たとえばコードパッドを鳴らす場合。

 

アタックを少し遅めにしたいときやリリースをバッツリ切りたいとき、MIDIだとエンベロープを調整する必要があります。

しかしバウンスしてオーディオにしてしまえば、単純にフェードインさせたりハサミツールなどで切ればOKです。

 

またオーディオにすれば、逆再生(リバース)もワンクリックでできます。

 

2.サンプラーに入れる

 

2つ目のコツは、「バウンスしたオーディオをサンプラーに取り込んで使う」です。

 

オーデイオをサンプラーに取り込むことで、各オーディオを細かくエディットすることが容易になります。

 

たとえば、エンベロープを変えたり、ピッチの上げ下げをしたり、ある音だけGlideを適用したり…

ある音はスタッカートのように短くし、ある音はSustainを保って伸ばしたような音にすることも可能です。

 

これをソフトウェア(シンセ単体)でやろうとすると、ちょっと時間がかかります。

このサンプラーに取り込んで使うテクニックは、特にFuture BassやFuture Bounce、HipHopなどで大活躍します。

 

スポンサードサーチ

3.ピッチベンド・テープストップ効果を使う

 

3つ目のコツは、コードを鳴らしているパートに対して「ピッチベンド・テープストップ効果を使う」です。

 

これはFuture Bassでよく使われている方法ですが、やり方はさまざまで、どれが正しい・間違っているといったことはありません。

ですので、ここでは一例をご紹介します。

 

ピッチベンドを使う

 

これをMIDIを行う場合は、ピッチベンドやキーボードコントローラーを使って行うことが多いでしょう。

 

しかしオーディオにバウンスした方が、エディットが楽です。

 

DAWによってやり方は異なりますが、だいたいの場合、フェードイン/フェードアウトと同じように、スピードアップ/スピードダウンをオーディオに施すことができます。

 

テープストップ効果を使う

 

今回は、「Vengeance VPS」を使ってテープストップサウンドを作っていきます。

 

このプラグインをシンセ系のBusに適用すると、効果を適用したいトラックにまとめてテープストップがかけられるので便利です。

あとはこのプラグインの操作情報(ON/OFF)をオートメーションに書くだけでOKです。

 

ダウンビートの部分でテープストップを使うとかっこいいですね。

 

「空間」を利用しよう

 

Part1「ドラム編」では、「キックなどの音を一部減らし、空間を作る」というテクニックをご紹介しました。

 

実はこれ、さきほど紹介したピッチベンドやテープストップ効果をより引き立たせるのに絶大な効果があります。

 

たとえば、1拍目にキックを入れず、コードパットはピッチをだんだん上げるようにしてみます。

すると、キックがない分このコードパットが聞こえやすくなります。

 

加えてコードパットはピッチに動きがありますので、かなり特徴的。

よりリスナーの耳を引きつけることができます。

 

「ピッチベンド・テープストップを使う箇所はキックがいない場所にする」とするだけでも、かなりかっこよく聞こえます。

 

リバーブもオートメーションしよう

 

先ほどテープストップをオートメーションで書こうという話をしましたが、リバーブもオートメーション化すると、よりかっこいいサウンドになります

 

たとえば、リバーブをテープストップがかかっているときに強めにかけてみましょう。

リバーブをかけないままテープストップをかけると、かなり目立ちますよね。

 

Dryの状態だと、逆に目立ちすぎて曲になじみづらいことも。

しかしここでリバーブを強めにかけると、テープストップが少しだけ薄まったかんじになり、やりすぎ感を減らせます。

 

まとめ

 

今回の内容をまとめると、このようになります。

 

1.エンベロープを変更する

2.サンプラーに入れて使う

3.ピッチベンド・テープストップ効果を使う
(空白に入れる、リバーブを一緒に使うとベター)

 

Future Bassを作るコツシリーズをまだご覧になっていない方は、ぜひこちらからチェックしてみてください。

これらの内容を今回のテクニックと合わせて使うと、かなりプロっぽいFuture Bassを作ることができます。

 

↓↓↓Part1「ドラム編」↓↓↓

 

カッコイイFuture Bassの作り方〜ドラム編〜【海外プロ解説】

 

↓↓↓Part2「パーカッション編」↓↓↓

カッコイイFuture Bassの作り方〜パーカッション編〜【海外プロ解説】