カッコイイFuture Bassの作り方〜ドラム編〜【海外プロ解説】

カッコイイFuture Bassの作り方〜ドラム編〜【海外プロ解説】
Future Bass(フューチャーベース)を作りたいけど、作り方がわからない…

 

今回はこのようなお悩みにお答えする内容です。

 

 

数々のサンプルやプラグインを販売するADSRが解説する「Future Bassのドラム打ち込みに使えるコツ」をかんたんにまとめてみました。

スポンサードサーチ

1.最初はシンプルに打ち込む

 

早速1つ目のコツです。

 

最初にドラムの打ち込みをするときは、できるだけシンプルにすることを心がけてください。

 

これがコツの1つ目です。

複雑なパターンを打ち込んでしまうと、結局後から修正する時間が増え、余計な手間が出てきてしまいます。

 

 

2. 音を減らす

 

2つ目のコツは、「音を減らす」です。

 

Future Bassのドラムは、各パートが音をミュートしたりしなかったりするイメージ、空白・空間が多いイメージがあると思います。

たとえばキックが入ったときは他のパートはいなくなり、他のパートが入ったかと思えばキックが消えたり…などですね。

Future Bassのサウンドがおもしろく聞こえる理由の1つでしょう。

 

これをよりかんたんに実現するために、一通りドラムパターンができあがったら、音を抜いていく作業をしてみましょう。

 

そして、他の楽器(パート)にスペース(空間)を作ってあげます

 

キックで行うときの例

 

たとえばキックを4つ打ちにしているとき、2・4拍目頭の音を消します。

その代わりにスネアなど別のパートを入れ、よりそれらの音を強調させます。

 

キックがなさすぎてつまらないと感じるような場合は、表拍以外に3連を使ったキックを入れたりするとよりおもしろく、Future Bassっぽくなります。

 

スポンサードサーチ

3. 別のサンプルを混ぜてアクセントを加える

 

3つ目のコツは「別のサンプルを混ぜて、交互にアクセントをつける」です。

 

Future Bassにはよく目立つようにクラップやスネアが使われますよね。

広がるような、遠くに行くようなサウンドを使うことが多いです。

 

2拍目・4拍目に入れることがほとんどですが、このとき、2拍目のときだけ、別のサンプルを混ぜてアクセントをつけてみましょう。

 

混ぜるサンプルは、ピッチが少しだけ高く、よりエフェクトがかかっていて、音が鳴った時に気をひくようなものがよいでしょう。
(動画では、キラキラ・シャラシャラしたような音をアクセントとして加えています)

 

サンプルをレイヤーさせることで、曲が味わい深くなります。

 

アクセントのサンプルを使うときは、○○を足そう

 

アクセントとして使うサンプルはローカット+リバーブを加えるのがおすすめです。

 

メインのクラップやスネアとは違うサウンドにしたいからです。

言い換えると、同じような音を同時に鳴らさないようにするためですね。

 

4.リバース音を使う

 

>4つ目のコツは「リバース音を使う」です。

 

つまり、オーディオファイルを逆再生したような、だんだんこちらへ向かってくるような音を使うということです。

これを使うことで、注意を引きつけるようなサウンドにできます。

 

このリバース音は、スネア・クラップの直前に入れたり、コツ2で作った空白の部分に入れるとよいです。

 

スポンサードサーチ

5. ベロシティーを工夫する

 

5つ目のコツは「いろいろなベロシティーを試してみる」です。

 

ベロシティーを変えることで、曲にダイナミクス(抑揚)を与えることができます。

また、人間らしい演奏に聞かせることも可能です。

 

関連記事「打ち込みドラムを人間らしい演奏にするコツ」

 

生ドラムっぽくMIDIを打ち込むための13のコツ【海外プロ解説】

 

キックの場合

 

たとえばキックのベロシティを変える場合、表拍(強拍)部分はベロシティーの値を100にします。

そしてその直前に入れる音は40ぐらいにします。

 

強拍の前の音を小さくすることで、よりノリが生まれますね。

 

これはハイハットにも非常に効果がありますので、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

 

今回はFuture Bassに特化した打ち込みドラムのコツをご紹介しました。

コツをまとめると、このようになります。

 

1.最初はシンプルに打ち込む
2.音を減らす
3.別のサンプルを混ぜてアクセントを加える
4.リバース音を使う
5.ベロシティーを工夫する

 

解説したADSRが販売しているFuture Bassのサンプルパックのデモを聞くと、これらが非常に使われていることがわかりますね。

 

 

Future Bassはダンスミュージックですので、EDMやTropical Houseなど、別のダンスミュージックとも相性がいいです。

ぜひおためしください。

 

↓↓↓Part2「パーカッション編」はこちら↓↓↓

 

カッコイイFuture Bassの作り方〜パーカッション編〜【海外プロ解説】

 

↓↓↓よりクラブミュージックの打ち込みを極めたい方にはこちらがおすすめ↓↓↓


 

Future Bass関連記事

 

Martin Garrix風Future Bassの作り方【海外プロが教える】