【音楽史】アコースティックギターの歴史を見てみよう【弦・構造の進化】

【音楽史】アコースティックギターの歴史を見てみよう【弦・構造の進化】
アコギってどうやってできたの?
「ギター」って名前の由来は何?

 

今回は、このような疑問にお答えする内容です。

 

 

アコースティックギタープレイヤーShane Donnellyによる「アコースティックギターの歴史」をかんたんにまとめてみました。

 

今では「万能」と言えるほどポピュラーで幅広く使われているアコギ。

何千年も前にさかのぼるギター歴史を知れば、アコギについてより理解を深められ、音楽制作にも役立ちます!

 

特に今回は「ギターの構造の進化」についても触れられていますので、非常におもしろい内容になっています。

 

スポンサードサーチ

ギターの名前の由来

 

ギター(Guitar)という名前は、ギリシャの言葉「キャサー(Cather)」に由来します。

アラビア語だと「キター(Kita)」で、現在はスペイン語やフランス語由来の「ギター(Guitar)」という発音に落ち着いています。

 

ストリングス = 「tar」

 

古代サンスクリット語では、弦楽器(ストリングス)のことを「tar」と呼んでいました。

ちなみにこれは、現在もたくさんの弦を使う楽器が有名な中央アジアで、弦の本数を表す数の前につけられ、接頭語として使われていました。

 

「~tar」の楽器の例

 

Dotar(ドーター)

 

 

Dotar(ドーター)は、2本の弦を持つトルキスタンの楽器です。

(Doはペルシャ語で「2」)

 

Setar(セーター)

 

 

Setar(セーター)は、3本の弦を持つ楽器です。

(Seはペルシャ語で「3」)

 

Qithara(キターラ)

 

Qithara(キターラ)は、4本の弦を持つ楽器です。

 

Panchtar(パンチャー)

 

Panchtar(パンチャー)は、5本の弦を持つアフガンの楽器です。

 

 

ストリングスを用いた音楽のはじまり

 

何千年もの時を経て、人々は弦を用いた楽器を使って音楽をするようになりました。

ひょうたん型のウリ(植物)に弦をつけて引き伸ばし、ときにはスティックを用いて演奏するなど、徐々に形を変え、今のアコギと似たような形になります。

 

ボールハープ(Bowl Harps)

 

画像:https://www.guyguitars.com/eng/handbook/BriefHistory.html

 

このような多くの楽器は「ボールハープ(Bowl Harps)」と呼ばれました。

これは考古学者のシュメール人・バビロニア人・エジプト人に関する研究によって発見されたものです。

ボールハープは、一般的にネックにあるカーブ状のスティックが使われています。

 

ボールハープとタンバー

 

一方で、古代ペルシャ人やエジプト人は「タンバー(Tanbur)」という楽器を使っていました。

これにはまっすぐなネックが使われ、弦を押すことでピッチを変えるしくみです。

 

1500年ごろまでの歴史でいうと、このタンバーが最も現代のアコギに近い形をしていました。

 

スポンサードサーチ

1500年ごろのアコギ

 

画像:https://brewminate.com/the-guitar-in-the-renaissance/

 

今のアコギの形は、ルネッサンス時代のヨーロッパで使われていた形がルーツになっています。

 

この時代のギターは、2本の弦を1ペアとし、4ペア分を張っていました(4コース)。

1ペアの弦は、それぞれ同じピッチでチューニングされていました。

 

また今のギターよりも非常にデリケートで、ネックは短くなっています。

 

1700年ごろのアコギ

 

1700年ごろになると、5~6コース分の弦が使われるようになりました。

そしてのちに、現在のようにペアではなくシングル(1本)の弦を6本張るようになります。

 

スポンサードサーチ

1850年ごろのアコギ

 

画像:https://naru-gakki.com/acousticguitar_bracing/

 

そして1850年ごろになると、クラシックギターの構造ができあがってきます。

スペインのギター職人アントニオ・トーレス(Antonio Torres)は、扇状のブレイシング(ファンブレイシング)をサウンドボードやギターのトップ部分につけるようになりました。

このブレイシングの形のおかげでトーレスは、より大きいサイズで、トップの厚みを減らしたのギターを作れるようになりました。

 

ブレイシングについては、こちらでわかりやすく説明されています。

ブレイシングとはなんぞや!!

 

トーレスの技術が広まる

 

このトーレスの新しいギター構造のメソッドは、「作曲においてギターがリードしていく役割になる」という道を切り開くことになりました。

ちなみにトーレスのこのブレイシング構造は、今でもよく使われています。

 

Xブレイシングの誕生

 

スペイン出身のトーレスは、ヨーロッパだけでなく世界中で仕事をするようになり、忙しい日々を送りました。

 

一方、アメリカのギターメーカーがXブレイシングシステムを開発し、ギターをもう一度再開発しました。

ギターメーカー「マーティン」の創始者であるクリスチャン・マーティン(Christian Martin)は、ドイツ移民の中では「最初にXブレイシングを使った人物」として非常に有名な存在でした。

 

スポンサードサーチ

スチール製の弦とアコギ

 

Xブレイシングのおかげでギターは強度を増し、のちに従来のガット製の弦の代わりにスチール製の弦を使えるようになります。

ファンブレイシングのギターに装備されたスチール製の弦は、ギターの上に強く伸ばして張られていたため、弦が切れてしまうことがありました。

 

スチール弦&ギターの普及

 

1900年代になるとスチール弦を使ったギターは普及し、カントリーやウェスタンミュージックは爆発的に人口を増やします。

 

スチール弦のギターは、「フラットトップ」としても知られています。

より大きな音量とパーカッシブなサウンドを奏でることができ、カントリーやウェスタンで演奏することができました。

 

現代のギターのブレイシング

 

今回ご紹介したXブレイシングとファンブレイシングは、スチール弦を使ったアコギにおいて、今でもスタンダードな構造として使われています。

 

おまけ

 

今回チラっとでてきたカントリーミュージックですが、 カントリーの起源はご存知ですか?

この記事では、カントリーの起源になった「アパラチアンミュージック」をまとめています!

 

【音楽史】アパラチアンミュージックとは?【概要編】