【作曲】DTMで使える「クラーベ」のリズム解説 【応用編】

【作曲】DTMで使える「クラーベ」のリズム解説 【応用編】
「クラーベ」「クラベス」って何?
なんでクラーベのリズムはそんなに大事なの?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

12toneが解説する「世界で最も人気のリズム」をかんたんにまとめてみました。

 

今回はPart3として、このうち「クラーベを使った応用パターン」について解説されている部分をまとめました。

 

Part1:クラーベとは?クラベスとは?

Part2:いろいろな「クラーベ」のパターン

 

動画のタイトル通り、クラーベのリズムは、今やいろいろな音楽に使われているリズムです。

これを知っておくとDTM・作曲に非常に役立ちますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサードサーチ

「3:2」と「2:3」

 

さて、Part2まででクラーベのパターンを3つご紹介しましたが、共通点があるのにお気づきでしょうか?

 

実はどのパターンも、1小節目には音が3つ、2小節目には音が2つ入っています。

 

画像:動画より

 

では、この1小節目と2小節目を入れ替えたら、どうなるでしょうか?

 

4:31~

 

実は、このパターンは「2:3クラーベ」と呼ばれます。

したがって、Part2まででご紹介したのは「3:2クラーベ」になります。

 

先ほども話したように、クラーベは「メトロノーム」ですから、曲中で2:3から3:2に変えたりすると、混乱の原因になります。

 

ちなみに、ルンバ・クラーベの2:3バージョンはこちら。

4:56~

 

ボサノヴァ・クラーベの2:3バージョンはこちら。

 

5:01~

 

トレシーロ(Tresillo)

 

Part1~2からここまでは、2小節構成のパターンを紹介しました。

 

しかし、2小節目をなくし、1小節目をループさせるというパターンも使えます。

 

5:13~

 

画像:動画より

 

実はこれは、「トレシーロ」と呼ばれるリズム。

 

スペイン語で「3連(Triplet)」を表す言葉です。

単純に1小節の中で音が3つ使われているので、このような名前になりました。

 

対して英語では、「Triplets」は「3連符」を意味します。

こちらは「1拍を均等に3分割したリズム」を表しますので
ちょっとややこしいですね。

 

ちなみにトレシーロは、世界的ヒット曲でもよく使われているパターンです。

 

 

6/8拍子バージョン

 

Part2でご紹介したソン・クラーベのリズムのうち、毎拍2個目の16分音符をなくしてみると、6/8拍子と同じ構造になります。

画像:動画より

 

画像:動画より

 

ルンバ・クラーベで同じことをやると…

 

画像:動画より

 

6:12~

 

ボサノヴァ・クラーベでこれをやっているのは、あまり聞かないでしょう。

16分音符の配置の兼ね合いで、うまく機能しないのが理由です。

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

今回はクラーベのリズムに特化して解説しましたが、すごく奥深く、おもしろいリズムであることがお分かりいただけだかと思います。

今では世界中で使われるリズムとなったのも、納得がいきますね。

Part1~3で紹介したリズムは、作曲の引き出しとして使えますので、ぜひご自身の楽曲で試してみてください。

 


 

クラーベ解説シリーズ

 

【作曲】DTMで使える「クラーベ」のリズム解説 【クラーベとは?】

 

【作曲】DTMで使える「クラーベ」のリズム解説 【いろいろなクラーベ】