【DTM】K-POPの作り方・作曲法【概要・ジャンル編】

【DTM】K-POPの作り方・作曲法【概要・ジャンル編】
K-POPっぽい曲って、どうやったら作れる?
K-POPの特徴って何?

 

今回はこのような疑問にお答えする内容です。

 

 

音楽プロデューサーDylan Tallchiefが解説する「K-POPの作り方」をかんたんにまとめてみました。

 

Part1の今回は、「K-POPの楽曲はどんな人が書いているのか?」、K-POPのグループ編成、そしてK-POPで使われる音楽ジャンルについてご紹介します!

 

スポンサードサーチ

K-POPの曲はどういう人が書いてるの?

 

K-POPの楽曲は、実は多くの洋楽(アメリカやイギリスなど)のプロデューサーたちによって作られています。

 

たとえばBTSのアルバムのライター(作曲者)欄を見てみると、誰もが知る有名ソングライター・プロデューサー・DJなどの名前が見られます。

 

Ed Sheeran
Steve Aoki
Fred Gibson(Ed Sheeranのプロデューサー)
Drew Taggart(The Chainsmokersのメンバー)
Ally Tamposi(Justin Bieber &DJ Snake”Let Me Love You”、Camila Cabelloの”HAVANA”や”Senorita”)

など…

 

全体的に、洋楽を主に書いている人がK-POPを作っていることが多いのがわかります。

 

グループ編成の特徴

 

洋楽は、Ed SheeranやKaty Perry、Ariana GrandeやSam Smithなどを見るとわかる通り、1人のアーティストに対して楽曲を作ります。

つまり、アーティストは個人名義で活動していることが多いです。

 

一方K-POPは、9人や12人など、多くのメンバーでグループが構成されていることが多いです。

特にボーカルに関しては、これらを考慮して作る必要があるでしょう。

 

スポンサードサーチ

ジャンルは?

 

グループや楽曲によって音楽ジャンルはさまざまです。

 

トラップ系

 

 

ハウス系

 

 

R&B系

 

 

Future Bass系

 

 

他にもいろいろなジャンルの曲があります。


 

つづき「K-POPでよく使われるコード進行編」はこちら↓

 

【DTM】K-POPの作り方・作曲法【コード進行編】