【音楽理論】モノフォニー・ポリフォニー・ホモフォニー・ヘテロフォニー・テクスチュアとは?【作曲】

【音楽理論】モノフォニー・ポリフォニー・ホモフォニー・ヘテロフォニー・テクスチュアとは?【作曲】

 

「モノフォニー」「ポリフォニー」「ホモフォニー」「ヘテロフォニー」「テクスチュア」って、どういう意味?

 
今回はこのような疑問にお答えする内容です。
 

 

Temple Universityの教授Alisha Nypaverが解説する「音楽のテクスチャー(モノフォニー、ホモフォニー、ポリフォニー、ヘテロフォニー、テクスチュアの定義)」をかんたんにまとめてみました。

 
なんとなくクラシック音楽だけに関係がありそうなイメージがありますが、実はそんなことはありません。
 
こちらを学ぶと、皆さんが馴染みのある・作りたいと思っているポップスやポピュラー音楽にも応用できますので、ぜひ最後までご覧ください!
 

スポンサードサーチ

テクスチュア

 
音楽用語でいう「テクスチュア」には、このような意味があります。
 

音楽的な「レイヤー」がどれぐらいあるのか?

それらはどういう役割があるのか?

 
かなりざっくりした意味ですが、この「テクスチュア」をさらに分類分けしていくと、主に2つのタイプに分けられます。
 
それが、「モノフォニー」「ポリフォニー」「ヘテロフォニー」です。

 

モノフォニー

 
テクスチュアの中で最もベーシックと言われるのが、モノフォニーです。
 

モノフォニーの曲の例①(0:15~)
 

 
モノフォニーの曲の例②(0:31~)
 

 
これは一人のシンガーで歌われている、厚さでいうと「薄い」印象のあるモノフォニーの音楽です。
 

 
画像:動画より
 

モノフォニーの特徴は、「レイヤーが一つしかない」ところ。
 
つまり、メロディー1個しかありません。
 

使う楽器・声部の数は何個でもOK

 
モノフォニーにおいて、使う楽器や声部(シンガーの数)にきまりはありません。
 
何人で演奏していようと、メロディーが1つしかなく、全員が同時に同じメロディーを演奏していれば「モノフォニー」と言えるのです。
 

音域も関係ない

 
また、音域に関してもきまりはありません。
 
例えばボーカルやサックスなどの楽器には「ソプラノ」「バス」というように、シンガーや楽器に合った音域がパートの割り振りがあります。
 
モノフォニーの場合、同じメロディーであれば、1オクターブ違っていてもOKです。
 

 
画像:動画より
 

複数の声部・楽器が、オクターブ違いで同じメロディーを演奏している例↓(1:06~1:12)
 

 

打楽器の入る・入らないも関係ない

 
また、ドラムなどの打楽器が入っているか入っていないかも、モノフォニーであるかどうかに影響しません。
 
ドラムなどのリズム楽器は、通常はメロディーもなく、ハーモニーもありません。
 
そのため、「テクスチュアのどのタイプか?」を判断する際には、リズム楽器は考慮されません。
 
ドラムが入ったモノフォニーの音楽の例↓(1:24~1:31)
 

 
上記の通り、意外にもポップスでもモノフォニーの音楽はあります。
 

スポンサードサーチ

ホモフォニー

 
しかし、これらのモノフォニーはメロディーが1つしかないので、つまらないなと感じてしまう人もいるでしょう。
 
そのため、多くの音楽には別のレイヤーを重ね、「ハーモニー」を作っています。
 
このように、メロディーがハーモニーによって支えられているテクスチュアのことを「ホモフォニー」といいます。
 
ホモフォニーの例↓(1:42~)
 

 

上記の楽曲は、ボーカルでメロディーを、ギターでハーモニーパートを演奏しています。
 

目立つパート・後ろで支えるパート

 
このように、ホモフォニーの音楽では「リスナーの注意を引くパート」と「後ろで鳴っているパート」の2種類があります。
 
ほとんどのポピュラー音楽は、ホモフォニーと言えますね。
 

 
画像:動画より
 

ちなみに先ほどモノフォニーの楽曲例で紹介した「Row Your Boat」をホモフォニーにすると、このようになります。
 

2:06~

 

さて、ここまでのホモフォニーの例を聞いて、お気づきになった方はいるでしょうか?
 
そう、ご紹介した例では「メロディーと伴奏」という関係性しかありません。
 
例えば、ボーカルとピアノ。つまり「メロディーとハーモニー」ですね。
 

ポリフォニー

 
そこで出てくる新しい考え方が「もし完全に独立した複数のレイヤーが同時に鳴ったら….?」。
 
つまり、ポリフォニーの概念です。
 
複数のレイヤーがそれぞれ独立して別のフレーズを演奏しており、「どれがメロディーなのかわからない」という状態がこれに当てはまります。
 

 
画像:動画より
 
ポリフォニーは、完全に分けられた2つのメロディーパートが同時に演奏されます。
 
つまり、メロディーが2つある状態です。
 
以下の楽曲は、3パートでのポリフォニーの例です。
 
男性ボーカル、女性ボーカル、トランペットがそれぞれ違うメロディーを奏でています。
 
ポリフォニーの楽曲の例↓(2:47~3:05)
 

 

タイミングを変えても「ポリフォニー」

 
ポリフォニーでは、全く同じメロディーであったとしても、演奏されるタイミングが違ければ「ポリフォニー」扱いになります。
 

 
画像:動画より
 

これは「ラウンド(Round)」、日本語だと「輪唱」と呼ばれる技法です。
 
日本でいうと「かえるのうた」の輪唱が有名ですね。
 
ラウンドの例(3:14~)
 

 

スポンサードサーチ

ヘテロフォニー

 
最後にご紹介するのは、「ヘテロフォニー」です。
 
これは西洋音楽ではあまりみられませんが、非西洋音楽ではとてもよく使われるテクスチュアです。
 
これは、2つかそれ以上のバージョンを持つ同じメロディーが同時に演奏されるものです。
 

 
画像:動画より
 
たとえばパートAとパートBがある場合、パートBは、パートAをベースにして少し音を変えているバージョンになります。
 
3:46~

 

ヘテロフォニーでは通常、メロディーラインのうちの一つは、他のメロディーラインに比べて音数が多くなるか、リズムが少し変わります。
 
ヘテロフォニーの楽曲の例↓(3:59~)
 

 

いろいろなテクスチュアを使ってみよう

 
この世に存在している楽曲は、今日ご紹介した様々なテクスチュアを、曲の中にちりばめて作られています。
 
たとえば、この楽曲はポピュラー音楽ですが、モノフォニー、ホモフォニー、ポリフォニーを使っている楽曲です↓(4:24~4:55)
 

 

ぜひご自身の作曲に活かしてみてください!