【音楽史】ケルト音楽(Celtic Music)って、どんな音楽?【Part1】

【音楽史】ケルト音楽(Celtic Music)って、どんな音楽?【Part1】
ケルト音楽って、どんな音楽?
どんな楽器や奏法が使われているの?

 

このような疑問にお答えする内容です。

 

今回はケルト音楽について、以下の資料をもとにかんたんにまとめてみました。

https://www.sliotarmusic.com/celtic-music-history-essential-elements/
https://en.wikipedia.org/wiki/Celtic_music
http://www.ceolas.org/instruments/
https://thecelticroom.org/playing-irish-music/irish-music-ornamentation.html

 

今回はPart1として、「ケルトという言葉の意味」「使われる楽器」「音楽的な特徴」「使われている奏法」について解説します。

 

Part2: ケルト音楽で著名なアーティスト、ケルト音楽から派生したジャンル

 

ケルト音楽といえば、「無印良品の店内で流れてそうなやつ」というざっくりとしたイメージを持った方が多いのではないでしょうか。

今回はそこからさらにステップアップして、「ケルトとは何か?」がわかるようになるための記事です。

 

もし今後「ケルト音楽を作ってみたい」「参考資料が欲しいな」と思ったときは、ぜひこちらのページをご覧ください。

 

スポンサードサーチ

「ケルト音楽」を一言で言うと…

 

「ケルト音楽」とは、一言で言うと「ケルト人の民謡音楽から発展した音楽ジャンル」です。

代々伝わってきた音楽と、現代においてケルトをもとに作られた音楽、両方を「ケルト音楽」と広く呼んでいます。

 

画像:wikipediaより

 

ケルトは今でいう西ヨーロッパにあり、スコットランド・アイルランド・ウェールズ・コーンウォル・ガリシア(スペイン)・ブリタニー(フランス)周辺の地域です。

ここに住んでいるケルト人は、文字通りケルト語を話す民族です。

 

ケルト音楽=アイルランド・スコットランド音楽?

 

「ケルト音楽」という用語は、アイルランド音楽・スコットランド音楽の両方に適用できます。

どちらの音楽も実際に共通性があり、影響し合っており、今では有名となった独自のスタイルを生み出しているからです。

 

ケルト音楽の音楽的な特徴

 

・基本はアンサンブルで演奏される。メロディーはユニゾンかオクターブで演奏され、ハーモニーではない

同じフレーズが何度も繰り返される。そのため、奏者はリスナーを引き付けるために装飾音などをよく使っている。

・この「装飾」は、「カット」「ロール」「クラン」などが使われ(後述)、イリーンパイプ(後述)、フィドル、フルートなどの楽器で用いられる。

基本的に休み(休符)がない。そのため、管楽器奏者は音と音の間でいかにブレスをするかを考えなくてはならない。

・モードではミクロリディアンモードドリアンモードがよく使われ、スケールはペンタトニックがよく使われる。

1/4音(半音の半音)である微分音(Microtonal Bends)が使われる。(ブルースやアラブ音楽でも用いられる)

 

スポンサードサーチ

ケルト音楽で使われる奏法

 

前述のように、装飾音がよく用いられます。

 

画像:装飾音の例(https://thecelticroom.org/playing-irish-music/irish-music-ornamentation.html)

 

カット(Cut)

 

3:22~

 

クラン(Cran)

 

1:50~

 

ロール(Roll)

 

2:30~

 

使われている楽器

 

Fiddle(フィドル)

 

ボーイング(弓を上下に動かす奏法)でリズムを刻む奏法が特徴。

いわゆる「バイオリン」だが、「バイオリン」という言葉は主にオーケストラにおける場合に使われ、「フィドル」という言葉はケルト音楽などの伝統音楽において使われる。

 

 

Flute・Irish Flute(フルート)

 

もとは何千年も前から使われていた楽器。基本は木製。

今日に見られるタイプのフルートは1900年代にアイルランドで普及したもので、6つのホール(穴)+8つのキーでできている。

 

 

Tin Whistle(ティン・ホイッスル)

 

シンプルな金属のチューブで、6つのホール(穴)とリコーダーのようなマウスピースでできている。

 

 

Bagpipe・Uilleann Pipe(バグパイプ・イリーンパイプ)

 

パイプ中に息を吹き込み、バッグ(bag)の中に息を入れ、腕でそのバッグを押すことで音を鳴らす。

アイルランドではイリーンパイプの方がポピュラーで、こちらはバグパイプよりも静か。

 

 

Bombarde(ボンバード)

 

小さいオーボエのような楽器で、甲高い音が特徴。

 

 

弦楽器類

 

Banjo(バンジョー)

 

 

Mandolin(マンドリン)

 

 

Cittern(シタール)

 

 

Guitar(ギター)

 

 

Bouzouki(ブズーキ)

 

 

スポンサードサーチ

メロディーの特徴

 

主和音(主コード)を上がり下がりするのがケルト音楽のメロディーの特徴です。

 

理由はこちら↓

 

1.さまざまなメロディーの変化を導入しやすい(特にパイプやハープなど)

 

パイプの例1: https://youtu.be/dq3m_R3Lnu4
パイプの例2:https://youtu.be/Mwxga8udIio
ハープの例1:https://youtu.be/btvqgvqX2Lo
ハープの例2:https://youtu.be/qvyijUMqp_U

 

2.次にメロディーがどう動くのか予測しやすい。

 

あらかじめ作られたメロディーと即興の場合、いずれにおいても導入しやすい。

即興のハーモニーには欠かせないクリシェしたカデンツを、よりかんたんに作ることができる。

クリシェ:コード中のある1つの音を順番に下げていくことで、コード自体を変えていく手法。

カデンツ:曲の最後や区切りの部分など、「終わる」部分でよく使われる和音の形態。終止形。

 


 

Part2はこちら↓

https://www.mizonote-m.com/what-is-celtic-music-2/