【おしゃれコード進行】Augmented 6th(オーギュメントシックス)って何?

【おしゃれコード進行】Augmented 6th(オーギュメントシックス)って何?

 

曲の流れを面白くしたいときに使えるコード「Augmented 6th(オーギュメントシックス)」。
(以下「Aug6」)

 

名前は聞いたことがあるけど、どんなときに使えばいいの?
いつも同じようなコード進行になってしまい、つまらない曲になる…

 

今回は、こんなお悩みを解決する内容です。

 

数々のプラグインやサンプルを販売している「ADSR」が、Aug6についての解説動画をアップしています。

 

 

今回はこちらの動画をかんたんにまとめています。

このコードを使いこなして、より味わいのある楽曲制作ができるようになりましょう!

 

スポンサードサーチ

Aug6の役割

 

Aug6は、プレドミナントの役割を果たします。

ドミナントの前(プレ、Pre)に来るコード、つまりドミナントに解決するコードです。

ドミナントは5thですので、たとえばCメジャーキーならGになります。

このコードは、マイナーキーの楽曲によく見られます。

 

Aug6の使い方には3種類ある

 

実は、Aug6を使う方法には3つのスタイルがあるのです。

 

・イタリアン Aug6(Italian Aug6)
・フレンチ Aug6(French Aug6)
・ジャーマン Aug6(German Aug6)

 

これらは一体どのようにして使えばいいのでしょうか?

実際のコード進行に当てはめて見ていきましょう。

 

Cマイナーキーのおさらい

 

ここから先はCマイナーキーでの例で解説しますが、まずはCマイナーキーをおさらいしましょう。

Cマイナーキーは、以下7音で構成されます。

 

ド・レ・bミ・ファ・ソ・bラ・bシ
C・D・bE・F・G・bA・bB

 

使われるコードはこちら。

 

Cm・Ddim・bE・Fm・Gm・bA・bB

 

それでは、これをもとに3つのスタイルを解説していきます。

 

スポンサードサーチ

イタリアンAug6

 

まずはイタリアンAug6。
使用例はこちらです。

 

Cm – Ab/C – AbAug6 – G – Cm/G

 

3番目の「AbAug6」を分解すると、このようになります。

 

Ab(ルート音)
C(Major 3rd)
Gb(Aug6)

 

このように、ルート音+Major 3rd+Aug6で構成されるのが、イタリアンAug6です。

Aug6は、Augmentされた6thを含むコードです。

 

Abの本来の構成は「Ab・C・Eb」で、このコードの6thはFです。

その6thのFをAugmentedにすると、半音上がってGb(F#)となります。

だから、AbAug6は「Ab・C・Gb」となるわけですね。

 

プレドミナントになっているかチェック!

 

また、冒頭で「Aug6はプレドミナント」というお話をしました。
ドミナントは5th=Gですね。

 

このコード進行を見てみると、Aug6の次はGです。

コードGの音にはGが含まれていますが、AbAug6のGb(F#)はこの音につながる導音となります。

 

そして、Gはスケール上の5番目=ドミナントです。

Aug6はプレドミナントの役割を果たしますから、ドミナントであるコードGの前に置かれるわけですね。

これで、Aug6が冒頭でお伝えしたプレドミナントになっていることが確認できました。

 

フレンチAug6

 

フレンチAug6は、イタリアンAug6にドミナントの5thを加えたコードです。

 

Ab(ルート音)
C(Major 3rd)
D(ドミナントの5th=コードGの5th)
Gb(Aug6)

 

次に出てくるドミナントと共通の音(D)を持つことで、強い関係を持たせることができます。

実際に聞いてみると、イタリアンAug6よりも強い攻撃的なイメージを持つことがわかります。

 

スポンサードサーチ

ジャーマンAug6

 

ジャーマンAug6は、イタリアンAug6に5thを加えたコードです。

 

Ab(ルート音)
C(Major 3rd)
Eb(Perfect 5th)
Gb(Aug6)

 

実は、このコードの場合はドミナントだけでなく、トニック(1th)に解決することもできます。

つまり、このようにしても自然な響きになります。

 

Cm – Ab/C – AbAug6 – Cm

 

まとめ

 

Cマイナースケールにおいて、Gb(F#)はあまりなじみのない音ですよね。
そのため、この音を効果的に使うことによって、よりエキサイティングな、おもしろいコード進行にすることができます。

 

スポンサードサーチ

もっとかっこいいコード進行を作るために…

 

コード進行は、曲作りの大きな役割を果たしています。
多くの人が「かっこいいコード進行を作りたい」と思っているのではないでしょうか。

そんな方にぴったりなのが、こちらの書籍「かっこいいコード進行108」です。
タイトル通り、かっこいいコード進行がたくさん載っています。
ぜひご覧ください!