ゲーム音楽の作曲方法【コツはモチーフ】

ゲーム音楽の作曲方法【コツはモチーフ】
ゲーム音楽ってどうやって作ればいいの?どうやったらゲーム音楽っぽくなる?

 

このような疑問にお答えする内容です。

 

 

Tristan Leonidasによる「ゲーム音楽におけるモチーフ MIDIの魔法」をかんたんにまとめてみました。

 

言葉では表すのはちょっと難しい「ゲーム音楽らしさ」を、実際のゲーム音楽を交えて紹介します。

動画ではレトロゲームを取り上げていますが、最新のゲーム音楽にも使えるテクニックです。

※こちらの動画・記事では、メロディーにおける「モチーフ」について解説しています

 

スポンサードサーチ

ゲーム音楽のカギは「モチーフ」

 

ゲーム音楽で重要なのが「モチーフ」です。

 

モチーフは、かんたんに言うと「短い印象的なフレーズ」です。

 

たとえばこちら。

 

画像引用: 動画より

 

このようなモチーフをいくつか作り、それをつなげることで「曲」となります。

 

 

※ちなみにこのスクショのメロディー(モチーフ)は、伊藤賢治氏作曲、聖剣伝説の「Rising Sun」です

 

モチーフをちょっと変えてみる

 

 

画像に「b1」「b2」というモチーフがありますね。

b2というのはb1を少し変えたバージョンのことです。

 

一番最後の音だけ変えたり、1オクターブだけ下げたり、リズムは全く同じだけど音程だけ変えたりなどですね。

これらは「派生系」として扱い、番号をつけています。

 

スポンサードサーチ

モチーフの例1 ドンキーコング「Aquatic Ambience」

 

 

ここからは、具体的にモチーフの例を見ていきます。

 

まずはドンキーコングの「Aquatic Ambience」。

 

ストリングスはCマイナー9thを鳴らしています。
(C,Eb,G, Bb, D)

 

そして、この5つのコードから、ベーシックな4つを使ってメロディーを作ります。

 

9th→3rd→7th→5th
D→Eb→Bb→G

 

これをすべて8分音符で鳴らします。

これでモチーフができました。

 

あとは、これを繰り返すだけです。

 

新しいモチーフを加える

 

でも、ただ繰り返すだけでは単調になってしまいますよね。

そのため、新しいモチーフを作ってみましょう。

 

 

aというモチーフに対して、新しいbと言うモチーフを作ります。

 

 

新たなcというモチーフも作ります。

こちらはc1、c2、c3と、cの派生系を作ってみましょう。

c1をコピペしたあと、音の場所を移動したり、長さを変えたりしてc2・c3を作ります。

 

こうして、1つの曲にしていきます。

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

今回の内容をざっくりまとめると、このようになります。

モチーフ:
短い印象的なフレーズ
ゲーム音楽での実用例1:
モチーフを繰り返す
ゲーム音楽での実用例2:
繰り返したモチーフをちょっとだけ変える

 

今回は聖剣伝説とドンキーコングの例が出てきましたが、ポケモンシリーズのゲーム音楽についてはこちらの記事でまとめています。

 

【ゲーム音楽】ポケモンシリーズでよく使われる作曲法・コード進行【プロが解説】