【ギターピッキング】それぞれの種類のメリット・デメリット(フィンガーピッキング・サムピック・フラットピック)

【ギターピッキング】それぞれの種類のメリット・デメリット(フィンガーピッキング・サムピック・フラットピック)
ギターのピッキングやピックの種類っていろいろあるけど、それぞれどんなメリットがあるの?

ピックを使うのと使わないのでは、どう違ってくるの?

 
今回はこのような疑問にお答えする内容です。
 

数々のギター製品のレビュー・レッスンを行なっているGuitar Spaceが解説する「サムピック vs フラットピック」をかんたんにまとめてみました。

 

この記事では、「ピックを使う場合と使わない場合のメリットとデメリット」「フラットピックとサムピックの地ギア」について解説していきます。
 
それぞれのメリット・デメリットを理解しておくと、実際にギターを弾く時はどの奏法が適しているのか、DTMで打ち込みをする時は「より本物のギターらしいサウンドにさせるにはどの奏法の音で打ち込めばいいのか」がわかるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください!
 

スポンサードサーチ

ピックを使うことのメリット・デメリット

 
ギターの奏法では、「ピックを使わない」「ピックを使う」の大きく2種類の奏法があります。
 
ここでは、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。
 

ピックを持って演奏するメリット

 
・ピックを使うことで音量の大小の範囲を広げることができ、音量のコントロールがしやすい
 
・音がクリアになる
 

ピックを持って演奏するデメリット

 
・細かい動きをしたり、テンポの速い曲では弾きづらい
 

ピックを使わずに演奏するメリット

 
・指を自由自在に動かせるので、細かい音符や速い曲にも対応できる
 

ピックを使わずに演奏するデメリット

 
・ジャカジャカと大きい音を出したりするのが難しい
 

ピックを使った演奏に向いている奏法

 
・スウィープピッキング(連続してダウンピッキングもしくはアップピッキングを弾く奏法)
 

 

・ダウンピッキング(弦の上から下に向かって演奏する奏法)

・オルタネイティブピッキング(ダウンピッキング・アップピッキングを交互に繰り返す奏法)

・ジャカジャカと力強くコードをかき鳴らす時

参考サイト:https://guitarspace.org/guitar-accessories/thumb-picks-vs-flat-picks/

フラットピック vs サムピック

 
フラットピックは、みなさんご存知の平らでおにぎり型のピックで、ギターの演奏によく用いられるタイプです。
 


 

対してサムピックは、指輪のようにピックを指にはめて使うタイプ。
 
ブルーグラスの楽曲を演奏する時や、バンジョーを演奏する時に使います。
 
ブルーグラスについてはこちらの記事で解説しています
 


 
6弦のギターの場合は、最も太い3本の弦をピックをはめた指で、最も細い3本の弦を他の指で演奏するのが一般的です。

 

フラットピックのメリット

 
・ピック自体が手に入れやすく、値段も安い(仮に忘れても、誰かから借りやすい)
 
・自分の指のサイズに合った製品を見つけやすい、作りやすい(種類が豊富)
 
・ジャカジャカとかき鳴らすような、パワフルな演奏がしやすい
 

フラットピックのデメリット

 
・親指と人差し指を「ピックを持つ要員」として使わなければならず、他の3本の指の自由度が低い
 
・特に手が汗ばみやすい人は、ピックを落としやすい
 
・ピックを持たない奏法にすぐ切り替えにくい
 

サムピックのメリット

 
・親指と人差し指がより自由に使える(親指にはめた場合、親指以外の4本は完全に自由)
 
・親指はフラットピックの時の奏法、それ以外の指はフィンガーピッキングなど、2種類の奏法を素早く使い分けながら演奏できる
 
・クラシックスタイルのハーモニクスが弾きやすい(参考動画)
 
・ピックを落としたり、アコギの中にピックを入れてしまうという心配がない
 
・手首ではなく、指を動かすことでピックの角度を自由に調節できる
 
・クルーハンマースタイルで、コードを綺麗な音で鳴らすことができる。
 
クルーハンマー
 

 
・ソロを弾く時、特殊なピッキングの奏法を学ばなくても、複雑なフレーズを弾きやすい
 

サムピックのデメリット

 
・「指にピックをつける」ということに慣れるまで時間がかかる(特に弦をかき鳴らす時)
 
・自分の指に合ったサイズのピックを見つけるのが難しい
 


 
 
以上が「ギターのピッキングやピックの種類とそれぞれのメリット・デメリット」でした!
 
こうしてメリット・デメリットを見比べてみると、やはり両方使い分けられるのがベストですね。
 
 
また、ギターはDTMで最も本物っぽく打ち込むのが難しい楽器の一つでもあるので、やはり演奏技術は身に付けたいところです。
 
ギターテクニック習得のためには、以下のような本で楽譜をしっかりチェックしながら練習するか、ギターレッスンに通うのがおすすめです。
 
ぜひチェックしてみてください↓
 


 


 


 

ちなみに今からギターやDTMを始めたい方のおすすめのレッスン教室もご紹介します!

・無料体験あり&DTM・ギター教室あり
 



 

・オンラインレッスンあり&入会すると楽器・ケースがもらえる&ギター・DTMレッスンあり