Remix(リミックス)のやり方は?シンプルな5つの手順を紹介!

Remix(リミックス)のやり方は?シンプルな5つの手順を紹介!
「Remixってどうやるの?」

今回は、このようなお悩みをお持ちの方にぜひご覧いただきたい内容です。

YouTubeでRemixのやり方を解説した動画をシンプルにまとめました。

開設してくれているのは、これまで多くの音楽制作テクニックを紹介してくれている音楽プロデューサー「AudioSkills」

簡単にまとめてありますので、Remix初心者の方でも始めやすい・手をつけやすい内容になっています。

それでは順に解説をしていきます。

 

1. Remixの最終イメージをつくる

 

BPMはどれくらいで、どんな曲調で…など、Remixの完成形をイメージします。

 

2.Remixする曲のBPMを確認する

 

Remixする曲のBPMとプロジェクトのBPM(テンポ)を合わせます。

BPMを合わせる時は、Remixの最終イメージに沿って、Remixする曲とプロジェクトのBPMを合わせます。

原曲のBPMでそのままRemixする場合は、プロジェクトのBPMだけ合わせれば良いですね。

 

3. Remixする曲のKeyを確認する

 

わからない場合は、ネットで「曲名 Key」で調べると出てきます。

 

4. Remixする曲のデータを変更する

 

これは、原曲と別のKeyで作りたい時のみ行います。

たとえばA majorの原曲をBb majorでRemixしたい場合、原曲のデータを半音上げてRemixをします。

 

5. instを作る

 

Remixしたい曲のボーカルデータをベースに、instを作っていきます。

ここからが本格的なRemixの作業ですね。

このフェーズには、いくつかのテクニックがあります。

 

1. マッシュアップ(Mashup)

 

キーとコード進行が似ている曲をそのままインポートして使う方法です。

取り入れた曲の主張が強すぎる場合は、ボリュームだけでなくEQを使うことによって解決できます。

 

2.オリジナルのデータをチョップする

 

アカペラなど、オリジナルのデータを切り貼りします。

DAWでサンプラーが使える場合は、そこにチョップしたデータを取り込むとシンセのように扱うことができます。

それを使って新しいメロディーを作ると面白いかもしれませんね。

 

3. リハーモナイズ

 

コード進行を変える作業です。

オリジナルのボーカルに合わせて、原曲とは違ったコード進行を作ります。

コード進行を変えただけでも全く別の曲のように聞こえるので、とても新鮮な印象を与えることができます。

 

4.原曲になかったパートを自分で作る

 

これは、ほぼ通常の作編曲と同じ作業になります。

ボーカルに合わせたコード進行を使って、原曲になかったパートを自分で作っていきます。

 

まとめ

 

難しそうに見えるRemixも、しっかり順をたどっていくと少し手のつけやすいものに見えたかと思います。

「BGM・Key・完成形のイメージ」さえ持てれば、もうRemixの準備は完了です。

まずはじめは「原曲のアカペラ+ピアノ」など、シンプルな編成から始めるのがオススメです!

 

 

ちなみにRemixをするときにめっちゃ使える書籍はコチラ。